FC2ブログ

船型の仏塔があるとても珍しい寺院

船型の仏塔があるとても珍しい寺院
「ワット・ヤーンナワー」
(バンコク)


D122012-N08-291.jpg   D122012-N08-319.jpg

D122012-N08-282.jpg   D52009-N04-037.jpg


 アユタヤー時代の創建で、それはナレースアン王の治世だという。しかし、誰の手によるものなのかは分かっていない。第三級の王室寺院。ジャンク船をかたどった基壇に仏塔が乗っているという、珍しい形をしている寺院。このような形をした寺院は、タイには他には存在しない。
 もともとは、一般には「ワット・コーク・クワーイ(Khok Khwai)」(意味は「水牛小屋」)と呼ばれていた。それをラマ1世が、「Khok Krabue」と改名し王室寺院とした。
 ラマ3世の時代、中国との交易が盛んであったが今まで活躍していたジャンク船に蒸気船が取って代わろうとしていた。ラマ3世はこれらが消えゆくのをうれい、中国のジャンク船をかたどったモニュメントを造らせた。そして現在の名前に改称。船の全長は約43m。船尾が入口になっており、船の上部に上がることができる。敷地内には、タイ日本スピリッツ財団もある。
 巨大な寺院の本堂はかなり傷んでいる。痛みを防ぐためであろうか、本堂を覆うように屋根が造られている。有名な寺院でしかも王室寺院なのに、なぜ修復をしないのであろうか?これには理由があるようなのだ。なんでも、王室寺院であるが故だそうだ。王室寺院を修復するためには、関係官庁などの許可が必要となる。しかも、修復に使う資材は当時のものを使用しなければならず、簡単には修復することができないからなのだとか。

⇒タイランド・ライブラリー

関連記事

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua


 Nongbuaを中心に、Asia Networkのメンバーで執筆しています。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
Amazon (AD)
カテゴリ
AD by AdMax
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
お得な航空券の予約(AD)
twitter
ランキング
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ