訪れる人も少ない泰緬鉄道関係の博物館「ウェアリー・ダンロップ・パーク」(カーンチャナブリー県)

訪れる人も少ない泰緬鉄道関係の博物館
「ウェアリー・ダンロップ・パーク」
(サイヨーク/カーンチャナブリー県)


D52016-N05-426T.jpg
写真(上): 日本のC62型蒸気機関車らしい

D52016-N05-356T.jpg
写真(上): 泰緬鉄道に関する墓地調査地図

D52016-N05-364.jpg   D52016-N05-478.jpg
写真(上右): 捕虜収容所の病院に関する展示


 ホーム・プトゥーイ・リバー・クワイ・リゾート内にある私設の博物館です。旅行ガイド・ブック等にはほとんど載っていないので、訪れる人はとても少ないです。泰緬鉄道に関する展示の数々があり、それは屋内外に及んでいます。
 ここは、リゾートのオーナーであるタイ人ビジネスマンのMr. Kanit Wanachoteが、戦後に知り合いとなったオーストラリア軍の戦争捕虜であった軍医のウェアリー中佐(Weary Dunlop)を記念して造った平和公園です。公園内には、ウェアリー氏に関する博物館も設置されています。ウェアリー氏は軍医だけに、医療関係の詳しい展示があるのが特徴です。また、泰緬鉄道沿線の捕虜たちの墓地の場所を調査し位置を記した地図など、貴重な資料も目を引きます。屋外には、かなり傷んでいますが、静態保存の蒸気機関車も展示されているます。たぶん、これは除煙版を取り除かれたC62型蒸気機関車でしょう。かなり朽ちた状態になっています。
 ホテルへの入口は幹線道路323号線沿いにありますが、そこからホテルまではかなり遠いです。ここでロット・トゥー等を降りても、徒歩で来るのは困難です。この入口から、車でも4分ほどかかります。

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

関連記事

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Nongbuaを中心に、Asia Networkのメンバーで執筆しています。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ