運行を始めたばかりの格安高速バス「成田シャトル」を利用してみた

運行を始めたばかりの格安高速バス「成田シャトル」を利用してみた


D72016-N01-008T.jpg   D72016-N01-004.jpg

D72016-N05-563.jpg   D72016-N01-019.jpg


 2016年10月31日より運行が開始されたばかりの格安高速バス「成田シャトル」を利用してみました。この便は、JR大崎駅から成田空港(・芝山町)を結ぶものです。WILLER EXPRESS北信越が中心になり、千葉交通、京成バスと共同で運行しています。
 所要時間は、大崎駅=成田空港第2旅客ターミナル間を1時間20分で結びます。運行本数は、1時間に1~2本なのでやや少なめですね。便によって、停まらない成田空港のターミナルがあるのが少し気になります。使用車両は運行会社によって違いますが、トイレ付き、Wi-Fi・USB電源端子付き、顔が隠れるカノピー付きなどの車両があります。
そして、注目の料金は、成田シャトルWEBでの事前決済なら片道1,000円です。現地払いは、1,200円となっています。一方、ライバルの東京駅などから出る東京シャトルは未予約が1,000円、事前予約だと900円です。THEアクセス成田は、車内払いで1,000円となっています。
 乗ったのは、往復共、顔が隠れるカノピー付きのWILLER EXPRESS北信越の車両でした。とても快適な車両です。個人的には、カノピーは必要ありません。そして、隣の席との間の手すりにあるコップ置きは、じゃまです。小さなことですが、背もたれのヘッド・レストがとても快適でした。運転手さんの車内アナウンスが、とても丁寧なのも印象的でした。
 驚いたのは、大崎駅からは深夜便を利用したのですが、乗客は私一人だけでした。運転手さんに「いつも空いているのですか?」と問うと、「便によりますねえ」との返事でした。東京駅からの東京シャトルは何回も利用しましたが、こんな空いていたことはありませんでしたね。そして、成田空港からの便は日中のものでしたが、乗客はたったの5人だったのです。
 どうも、成田シャトルは、利用者が少ないようですね。車両や料金は、東京駅から出ている他の会社とは大差ありません。出発が大崎駅というのは、ちょっと地味かもしれません。東京駅の方が、利用しやすいと思う人は多いとは思いますが。だぶん、ここまで空いているのは認知度不足かもしれません。ですが、あまりにも乗客が少なく、このままだと・・・。まだ、数量限定発売の4枚綴り2,000円という格安料金のチケットも残っているようです。

◆成田シャトル

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

関連記事

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

WILLER は意外と使える。

格安シャトルは、東京シャトルの前にも民間業者が参入してます、浸透せずにすぐに撤退ました。
開業当時、成田空港から乗ったけど数人の乗車でしたね。

今回、芝山発なのは、芝山鉄道の蓮沼延伸問題絡みで、政治的なものがあるでしょう。
無料で芝山町役場に駐車できるのも、我々地元民にとっては便利です。
大崎着も、渋谷、新宿方面に向かう場合なら意外と便利です。
4枚綴り2,000円というチケットですが、開業時は100枚2万円の回数券もありましたよ。



Re: WILLER は意外と使える。

 結局、その人が、どこに住んでいるかによってかなり違いますよね。私の場合は新宿駅を経由して空港へ行きますので、大崎は以外に不便なのです。どうしてかというと、大きな荷物を持って山手線に乗らなければならなくなるからです。時間帯によっては、かなり大変なことです。東京駅なら中央線が始発なので楽ですね。
 とはいえ、成田シャトルはお客がいなさすぎです。大崎からは羽田へもバスが出るそうですが、大丈夫なのでしょうかね?利用者にとっては、選択肢が増えるのはありがたいことですが。
プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
AD by Google
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ