楽しかった、Vエアの初搭乗(茨城→台北)

楽しかった、Vエアの初搭乗(茨城→台北)


D32016-N51-045T.jpg

D32016-N01-236.jpg   D32016-M02-023.jpg

D32016-M01-057.jpg   D32016-M01-076.jpg
右: どら焼き


 今年から関東エリアに乗り入れた台湾のLCC(格安航空会社)Vエア(V Air)に乗ってきました。行程は、茨城→台北→バンコクというもので、台北での乗り継ぎ時間は7時間15分もあります。今回は、茨城→台北間の搭乗記です。

 機材はA320です。ピッチ(席間距離)は、全く問題がない広さで悪くありません。機体には同航空のマスコットである熊の絵が描かれていて派手なのですが、キャビン・アテンダントの制服は黒いTシャツ風のもので地味です。背中には、「crew」という文字が書かれています。また、背中側には、全員ウエスト・ポーチを付けていました。
多くのLCCがそうであるように、飛行機には個人用モニターがありません。ですので、通路でキャビン・アテンダントが安全情報の説明をします。なんと、その際に、半分踊っているような振り付きで説明するのです。これ、おもしろいです。ついつい見てしまいます。
 機材が小さいせいもあるのでしょうが、プリ・オーダーの機内食を配るカートのすぐ後に、販売用機内食のカートが続いていました。機内食はおいしかったですよ。ですが、量がちょっと少なすぎる気がしないでもないですね。うれしかったのは、パックのオレンジ・ジュースと熊のマークが付いたチョコレート味のどら焼きスイーツが付いてきたことです。このどら焼きは、日本ならもっといいものを作ったであろうにという出来だったのですが、十分においしかったです。
 機内アナウンスは、日本人ではないですが日本語のアナウンスもありました。免税品の販売で、キャビン・アテンダントが一人一品ずつ掲げて通路を歩き宣伝するのもおもしろいです。
 で、台北に無事到着したのですが、1時間17分の遅れでした。ほぼ定時の出発だったのですが、向かい風が原因で遅れたらしいです。自分の経験では、過去に風が原因でこれほど遅れたという記憶はないですね。
 全体的には、パフォーマンスやどら焼きなど、とても楽しいフライトでした。しかも、降りるときには、キャビン・アテンダントの方が笑顔で手を振ってくれるというおまけ付きでした。あと、各空港でのチェック・イン時に、機内持ち込み手荷物の重量を量るので注意が必要ですね。無料の機内持ち込み手荷物の重量は親会社のトランスアジア航空は7kgまでなのですが、Vエアは10kgまでというのはうれしいです。この内容だったら、金額次第ではまた利用してみたいですね。

P.S.
 同航空はFacebook上で「キャビン・アテンダントは美人ぞろい」というような発言をしているのですが、本当に2フライトとも美人の方が多かったです(私感ですが)。

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー


にほんブログ村

関連記事

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
AD by Google
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ