LCC(格安航空会社)8社によるアライアンスが誕生

LCC(格安航空会社)8社によるアライアンスが誕生


D32016-N11-419T.jpg
写真: セブパシフィック航空


 アジア太平洋地域の大手LCC(格安航空会社)8社(セブパシフィック航空、チェジュ航空、ノックエア、ノックスクート、スクート、タイガーエア・シンガポール、タイガーエア・オーストラリア、バニラエア)が、5月16日に世界最大のLCC アライアンスとなる 「バリューアライアンス(Value Alliance)」 を設立したと発表しました。
 これにより、東南アジア、北東アジア、オーストラリア間での乗り継ぎ旅程におけるルート、利用便、運賃を分かりやすく提案できるという。また、バニラエアのプレスリリースによると以下のような説明がなされています。
「バリューアライアンスのシステムは、エア・ブラック・ボックス社(以下、ABB社)が開発した先進技術を導入しています。従来、異なる航空会社を乗り継ぐ場合は会社毎のウェブサイトにてフライトを検索し、ご予約、決済が必要でしたが、バリューアライアンスのお客様は、いずれかの加盟航空会社のウェブサイトを経由して専用のウェブサイトにて出発地、最終目的地を指定するだけで、バリューアライアンスの充実した路線ネットワークの中から乗り継ぎルート、ご利用便、最適な運賃を選択し、ワンストップで予約、決済いただけるようになります。乗り継ぎ予約において、直行便予約と変わらぬ快適な操作性を実現します」(バニラエアのプレスリリースより)。
 一見、このアライアンス設立で便利になったようには見えます。しかし、実際にはどうなのでしょう?
1.日本の国内線はちょっと事情が違うかもしれませんが、LCCを直航便ではなく乗り継いでいく場合、国際線はセール時に購入しないとフルサービスの航空会社よりも料金が割高になることが多いのです。そのため、アライアンスの意味があるかどうか?
2.LCCでは、とても多いスケジュール変更。スケジュール変更により、予定の便に乗り継ぎができなくなったらどうするのでしょう?もちろん、手数料なしでのスケジュール変更便の払い戻しはしてくれるでしょうが、それだけでは高い航空券に買い直しをしなければなりませんよね。
3.何も解説はされていませんが、受託手荷物が最終目的地まで直接運んでくれるのだとしたら、これはとても便利です。いちいち経由国で、入出国をしなくても済むことになります。
 まだアライアンスの詳細が分かりませんので何とも言えませんが、果たして利用者がどこまで便利になるかは疑問ですね。

◆Value Alliance


にほんブログ村

関連記事

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ