香港航空、散々な?初搭乗記(バンコク→香港)

香港航空、散々な?初搭乗記(バンコク→香港)


D32016-N58-727.jpg   D32016-Z01-032.jpg
右: A330のエコノミー・クラスの座席


 先日、香港航空の飛行機に初めて乗ってきました。香港航空は料金が安いというイメージがありますが、LCC(格安航空会社)ではありません。
 香港航空のバンコクでの使用空港は、スワンナプーム空港です。カウンターで、まずはチェック・イン。カウンターの女性が、私が提出したEチケットの紙を見て思わず「これ、英語じゃないじゃない」と漏らしたのです。そう、予約はエクスペディアでしたのですが、Eチケットは日本語なのです。まあ、パスポートを提出しているし乗る便名も分かっているので、Eチケットが読めなくても検索すればすぐに分かるといえば分かるのですが。でも、彼女の気持ちも分かりますよね。Eチケットの言語は英語にした方がいいと思いますよ、エクスペディアさん。
 それともうひとつ、彼女がかわいそうだったのは私にタイ人の同行者がいたことです。そのタイ人は、バンコク→香港→東京(羽田)/東京(成田)→バンコクという三路線のチケットを持っていたのです。しかも、三路線とも違う航空会社だったのです(香港、日本へビザなしで入国する場合、予約済みの出国用の航空券の確認が必要なのです)。ちょっと混乱している彼女に、やさしく乗るフライトの説明をさせてもらいました(笑)。我々は、ちょっと迷惑な客だったかもしれませんね。まあでも、そのおかげで和やかな雰囲気で手続きをすることができました。カウンターも込んでいませんでしたし。
 飛行機の出発は深夜の2時10分予定だったのですが、機材がなかなか到着しないのです。ディレイを覚悟しましたが、アナウンスはありません。1時50分に機材が到着しました。その時点でようやくアナウンスがあり、出発時間は2時40分に変更となりました。アナウンスするのが遅過ぎますね。そのアナウンスなのですが、英語とタイ語だけで中国語や広東語のものがないのです。そのため、(ディレイの)アナウンスがあると、(おそらく英語が分からないのであろう)中国の人たちが搭乗口に並び始めてしまいました。香港の航空会社なのに、中国語又は広東語のアナウンスがないというのはいかがなものでしょう?
ボーディングの整理は、もう少しちゃんとした方がいいと思います。優先搭乗の権利があろうとなかろうと、搭乗口に大陸の方たちが押し掛けるのは分かり切ったことです。そして、ちょっと恐怖の体験をしました。ボーディング・ブリッジを歩いていると、ブリッジが横に大きく揺れ出したのです。地震ではありません。どうも、我先に乗り込もうとしたC国の方たちが、ブリッジ内にあふれたためらしいのです。正直、この揺れはちょっと怖かったです。
 機材はA330です。エコノミー・クラスの座席配列は、3-3-3のLCC仕様ではなく2-4-2という快適なものでした。機内は座席のシートなども含めて赤系の色を基調としており、いかにも中国という感じです。機材は比較的新しいものですので、とてもきれいでした。しか~しです。私の座った席のコントローラーが、ちゃんと収まっていなかったのです。取り出してみて、その理由が分かりました。コントローラーのコードが伸びっ切っており、ちゃんと収納できないのです。それにです、モニターはタッチパネル式だったのですが壊れていて、画面にタッチしてもメニューから先には進めなかったのです。「スター・ウォーズ」などの映画もやっていたのですが、残念ながら観ることはできませんでした。
 まあ深夜便なので、眠りたいので映画を観る必要はないやと思い直しました。そして、食事と飲み物サービスのワゴンがやってきました。お腹が空いていたので、何か食べたかったのでうれしかったです。ところがです、どうしてなのか、私には小さなパックに入った水だけ渡し、食事は持って来なかったのです。食事がワゴンに無くなりあとから来るのかな?と思ったのですが、ついに来ず。一体、どうなっているのでしょう?
 ちなみに、寝ている人に対しては、起こさず完全にスルーしています。これは、考え方によっては起こされない方がうれしいという人もいると思いますが、このような航空会社は初めてです。また、私の知る限り、香港の入国カードも配られませんでした。お手拭きのサービスはありますが、おつまみはありません。毛布は、要求しなくても配られました。
 香港に到着したのは06:05でした。出発が30分遅れたのに、到着が15分早かったのはなぜなのでしょうね?
 たった1フライトですが香港航空を利用した感想は、「価格もサービスもLCC並みのフル・サービス・キャリア」という印象です。航空会社のホームページも?な内容があり、やはり、A級の航空会社とは言えないと思います。一番の魅力は価格だと思いますが、集客状況によってはフライト・キャンセルがあるとの情報もありますので、その点は頭に入れておいた方がいいと思います。

[参考] タイランド・ライブラリー


にほんブログ村

関連記事

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ