FC2ブログ

奇岩が立ち並ぶ「ムクダハーン国立公園(プー・パー・トゥープ)」

ムクダハーン国立公園(プー・パー・トゥープ)
(ムクダハーン)


D62005-N4-279.jpg   D62005-N4-294_20150928093445fdf.jpg

D62005-N4-342.jpg   D62005-N4-360.jpg


 ムクダハーンの町の中心部から、15kmほど南方に位置する奇岩が立ち並ぶ国立公園です。(ムアン・)ムクダハーン郡の最南端部に位置しています。奇岩は、火山灰が降り積もって固まった大地を雨などが削り取って造りあげた自然による天然アートです。
 公園内はトレッキングができるようになっていますが、道案内の標識の数が多くないので迷わないように注意しなければなりません。公園の奥へ行くと滝もあり、大河メコン川の眺望も楽しむことができます。
 ここを訪れるには、ムクダハーン中心部から往復でトゥクトゥクをチャーターするのがいいでしょう。公園の入口には管理事務所があり、そこで情報を入手することができます。ここのような奇岩が立ち並ぶ場所としては、ウボンラーチャタニー県のサオ・チャリアンやウドーンタニー県のプー・プラバート歴史公園などがあります。

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

ムクダハーンの近隣の街で4年間くらしていました。
イサーン国境やその近隣ではノンカーイも含めてベトナム人系が非常に多く年配の人はベトナムのテレビ番組をみてます。
イサーンの若い人たちでベトナム語もイサーン語も話せずタイ語オンリーの人たちはほぼベトナム移民の何世かです。
また国境で働くベトナム人は本当に親切な人たちが多いです。

ここら辺ではタイ語またはイサーン語を話す黒人たちが住人としているのですが イサーンのタイ人だとおもいます。
そういうわけでタイ映画によく登場するタイ語を話せる黒人は実はタイ人なんだとおもいます。

ターイオラタイもイサーン国境に移住して来たベトナム人だとおもいます。だから彼女はイサーン語がもともとは話せなかったです。
とこれは僕の推測に過ぎないです。

タイでは数年前までは近隣国の人たちはタイ国籍のカードをお寺で買っていたそうです。

Re: タイトルなし

 珍しい場所に住んでいたのですね。ムクダハーンは何もなかったな。黒人の話、面白いですね。コメディーによく登場してくる黒人のJoeyは、ガーナから来たと言っています。他の人たちは知りませんが。

ムクダハーンにはバスターミナルに映画館があります。
入ったことは無いのですが少し上映時期をずらすので安いとおもいます。
ノンカーイは60バーツの映画館があります。値段の割には綺麗です。ただ近々映画館のチェーン店が進出予定です。
サコンナコン ナコンパノムの安い映画館は映画館のチェーン店が進出したために閉鎖になりました。
ナコンパノムなどは50バーツで賑わっていたのですが残念でした。
ここら辺のメコン川沿いの街はタートパノムも含めて良い街だと思うのですが メコン川沿いは更なる観光地にするために観光開発がすすんでいます。
この奥イサーンは市長や議員さんたちは いかにもベトナム系華人タイ人のような街もあります。
矢野かずきさんは良く行くお気に入りのメコン川沿いの街があるそうですが 多分この辺の街だとおもいます。
昔よきタイの田舎が開発で失われて行くことは非常にショッキングなことです。
タイ人たちは昔よきタイを求めてミャンマーの東シャン州やラオスに定期観光バスでおしかけてひさしいです。

Re: タイトルなし

 ムクダハーンのバスターミナルに映画館があるのですか?行ったことあるのですが、覚えていません。どこの国もそうですが、開発が進みどんどんと近代化していきますね。寂しいですが、開発するなとは言えませんので…。
プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Nongbuaを中心に、Asia Networkのメンバーで執筆しています。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
お得な航空券の予約(AD)
twitter
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ