FC2ブログ

キャセイパシフィック航空が香港エクスプレスを買収/では、香港航空はどうなる?

キャセイパシフィック航空が香港エクスプレスを買収
では、香港航空はどうなる?


D32015-N51-226T.jpg


 やはり、キャセイパシフィック航空が、香港エクスプレスを買収するとのことです。27日に、キャセイパシフィック航空がそのことを発表しました。中国の海航集団(HNAグループ)から全株式を買い取り、年末までに完全子会社化するとのことです。これにより、香港エクスプレスの経営方針が変わるのか変わらないのかは不明です。どうなるかは、しばらく様子を見るしかありません。ちなみに、香港エクスプレスは2018年12月期の最終損益は1億4100万香港ドルの赤字だったそう
 香港には、主に4つの旅客を扱う航空会社があります。スワイヤー・グループ系の「キャセイパシフィック航空」と「キャセイドラゴン航空」、そしてHNA系の「香港航空」と「香港エクスプレス」です。今回の買収により香港エクスプレスはスワイヤー・グループになりますので、同グループは香港の航空界の大部分を牛耳ることになります。果たして、これが利用客に吉と出ますか凶と出ますか? また、経営不安がささやかれている、唯一スワイヤー・グループではない「香港航空」はどうなるのでしょうか? キャセイパシフィック航空側は、香港航空ではなく香港エクスプレスを選びました。まあ、香港航空はLCC(格安航空会社)ではないからともいえるのですが。見捨てられたと考えるのは考え過ぎでしょうかね? さて、香港航空の社債の巨額な償還期限が今月末だと言われています。もしも一大事が起これば、香港のトップ・ニュースとして流れてくるはずです。香港の新聞に注目したいと思います。

[参考] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

香港エクスプレスUO625便・搭乗記(羽田→香港)


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

7月4日(バンコク発は3日)、「タイ・エアアジアX」が福岡=バンコク(ドーンムアン)線に就航

7月4日(バンコク発は3日)
「タイ・エアアジアX」が福岡=バンコク(ドーンムアン)線に就航


D32018-N01-121T.jpg


 7月4日(バンコク発は3日)、「タイ・エアアジアX」が福岡=バンコク(ドーンムアン)線に就航します。週4便。2019年3月29日13:00〜2019年4月7日の間、就航記念セールとして片道9,900円~(税込み/BIGメンバーのみの価格)で販売します。搭乗期間は、2019年7月4日〜10月31日までです。(要、内容確認)

[フライト・スケジュール]
○福岡→バンコク(ドーンムアン)
XJ 637 福岡/7:45 発→バンコク(ドーンムアン)/11:45着 水曜日
XJ 637 福岡/7:55発→バンコク(ドーンムアン)/11:45着 月・日曜日
XJ 637 福岡/8:05発→バンコク(ドーンムアン)/11:45着 木曜日

○バンコク(ドーンムアン)→福岡
XJ 636 バンコク(ドーンムアン)/23:40→福岡/7:00+1 火・水・土・日曜日

[参考] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



「普通に快適、タイ・エアアジアX」


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

タイの総選挙の結果はいまだに発表されず、発表は5月?/波乱含みの今後

タイの総選挙の結果はいまだに発表されず、発表は5月?
波乱含みの今後


MWai201903-12.jpg MWai201903-7.jpg

MWai201903-3.jpg MWai201903-9.jpg
写真(上): 選挙ポスター


 タイの総選挙はさる24日に行われ、即日開票とのことでした。ですが、公式な選挙結果が発表されていないのです(小選挙区は暫定結果が分かっているらしいのですが、比例区に関しては全く分からないとのこと)。現政権派と反現政権派が接戦らしく、もしかすると波乱があるかもしれませんね。選挙結果の発表は、5月のワチラロンコーン王の戴冠式が終わった後との情報があります。
 ということは、現軍事政権が何かを画策するための時間稼ぎとも取れなくはありません。いやあ、すんなりとはいきませんね。また、当然のことながら、軍事政権側は選挙違反等を理由に反現政権派の当選者を少なくしようとすることは目に見えています。タイ国内がもめないといいのですが・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

世界で1機だけの?トラのB747-400(ジャンボジェット)に遭遇(プーケット)

世界で1機だけの?トラのB747-400(ジャンボジェット)に遭遇(プーケット)


D22019-N53-165T.jpg

D22019-N53-162T.jpg

D22019-N53-172T.jpg

D22019-N53-170T.jpg


 プーケットのプーケット空港隣りのナイヤーン・ビーチで飛行機の撮影をしていたのですが、突然、前面にトラの絵が描かれたB747-400型機(ジャンボジェット)が飛んできて驚きました。この機体が飛んでくると分かっていたら、もう少し正面で待ち受けていたのですがね。これはロシアのロシア航空(Rossiya/アエロフロートではありません)の機体で、このトラのデザインが施されているのは世界で1機だけのようなのです。しかも、この機材はプーケット線以外にも運用されていますので、月に数回しかプーケットには飛んでこないと思われます。そういう意味では、撮影することができて大ラッキーだったといえます。何でも、この機材は元日本航空のものらしいですよ。

◆Rossiya

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「Руление на стоянку Боинг 747-400 авиакомпании Россия, в ливрее "Тигролёт" во Владивостоке」


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

「キャセイパシフィック航空」がLCCの「香港エクスプレス」を買収か?

「キャセイパシフィック航空」がLCCの「香港エクスプレス」を買収か?


D32015-N51-089T.jpg
写真(上): キャセイパシフィック航空機

D32015-N51-226T.jpg
写真(上): 香港エクスプレス機


 キャセイパシフィック航空が、LCC(格安航空会社)の香港エクスプレスを買収するようだという報道が出てきました(この原稿を執筆している時点では、まだ正式に発表されていません)。先日、キャセイが香港航空と香港エクスプレスに出資か?というニュースは流れていたのですが、香港エクスプレスのみを買収ということのようです。
 ここ数年、キャセイは他社との競争激化で業績が思わしくなかったのですが、直近の年間業績では黒字化したようです。香港エクスプレスの経営自体がどうであったかは定かではないのですが、親会社であるHNAグループが資金繰りに困っており、資金欲しさに手放すということのようです。
 買収が成立した場合、利用者の立場からするとどうなるのでしょうか? キャセイは格安ブランド的傾向のあるキャセイドラゴン航空を持ってはいますが、LCCは持ってはいません。そういう意味では持ってもおかしくないのですが、強力なライバル関係にあった会社同士です。香港エクスプレスが、今までのようなインパクトの強い安売りセールを連発できますかどうか?
 どうなるかは今後の成り行きを見守るしかありませんが、香港エクスプレスは大きく変わってしまうのではないかと思っているのですが・・・。それと、今月末にやってくるという、香港航空が巨額の社債の償還を行えるかどうかにも注目です。

[参考] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



「香港エクスプレス/エアバスA321-200型機」


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

成田空港第1旅客ターミナルのコンコース内に「セブンイレブン」があった

成田空港第1旅客ターミナルのコンコース内に
「セブンイレブン」があった


MV22019-00119-2.jpg

MV22019-00118-2.jpg


 成田空港・第1旅客ターミナルの出国審査を経た後のコンコース内に、「セブンイレブン」がありました。以前から、コンコース内にコンビニがあればいいのになとは思っていたのですが。そういえば、去年、セブンイレブンがオープンしたというニュースが流れましたよね。場所は、北ウイングに近い中央ビル。26番ゲートのそばです。営業時間は07:30~21:30。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

「ARLスワンナプーム空港駅の両替商」の場所が変わった

「ARL(エアポートレイルリンク)スワンナプーム空港駅の両替商」の
場所が変わった


MD22019-Z01-003.jpg

MD22019-Z01-002.jpg

MD22019-Z01-001.jpg


 先月のことでした、ARL(エアポートレイルリンク)スワンナプーム空港駅の空港側改札を出てすぐ右側にあるレートのいい両替商へ行こうとしたのです。「スーパー・リッチ」などがある場所ですね。すると、店がないではないですか。一瞬焦ったのですが、多くの店が奥の方(空港とは反対方向)に移動していたのです。
 ちなみに、「スーパー・リッチ」に列ができていることが多いですが、他にもスーパー・リッチと同じレートの店はあります。他の店は、空いていることが多いのですよね。スーパー・リッチは世界中の観光客の間で有名なので込むのだと思いますが、他の店のレートも見て損はないと思いますよ。スーパー・リッチよりも高レートの時もありますので。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

航空券予約サイトの「サプライス(Surprice)」が4,000円の割引きクーポンを配布

航空券予約サイトの「サプライス(Surprice)」が
4,000円の割引きクーポンを配布


 航空券予約サイトの「サプライス(Surprice)」が、当初は金額が3,000円だったのですが4,000円に増額して割引きクーポンを配布しています。航空券等購入の際に利用できますが、対象外航空会社などの利用条件があります。期間は3月31日までです。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

明日は、タイではいよいよ「総選挙」が行われます

明日は、タイではいよいよ「総選挙」が行われます


 明日、タイではいよいよ「総選挙」が行われます。総選挙の実施は、(軍事政権の都合で)延期に延期を重ねてきました。総選挙が実施されることにより、タイはクーデターで誕生した軍事独裁政権から選挙で選ばれた政治家による民主国家へと変わります(まあ、形だけですが)。世界中から民主化しろとの圧力がかかっていましたが、これでかなり和らぐでしょう。
 さて、新首相がだれになるかという点に関しては、出来レースだと言われています。選挙で野党が勝ったとしても、(ものすごい大勝をしない限り)現暫定首相のプラユット氏の首相続投への道が保証?されているのです。ですが、野党が勝つと(そうなると予想されていますが)、政権が不安定になることは事実です。クーデター後の軍事政権下では、プラユット首相の一声でいろいろな政策が即実施されてきました。優柔不断で何事もなかなか行われないタイにおいて、これほどいろいろな政策が素早く実施されたのはいいことだったのかもしれません。実は、軍事政権のその点を評価する人もいるのです。たとえば、バンコクの大通りから露店が消えたのも、軍事政権の政策の一つでした。

 外国である日本から見ると、「打倒軍事政権独裁」の野党を応援したいという人も多いのでしょうが、そう簡単には言えないところがタイのタイらしさなのです。野党の最大勢力はタクシン派です。以前、この政党を率いていたタクシン元首相は、日本の田中角栄氏に似ていると言われます。たしかに、ちょっと似たような道をたどっています。経済的にタイを立て直した立役者だったのですが、汚職等の問題で国へ戻れず外国を放浪?しています。その後、その妹のインラック氏も首相の座に就きましたが、国家に損害を与えたとして罪に問われて国外へ脱出してしまいました。
 では、タクシン派がタイの政権を握るとタイは幸せになれるかというと、決してそうだとは思いません。タクシン元首相の農村部への予算ばらまき政策により、現在でも農村部の国民からは絶大なる支持を受けています。ハッキリと言わせていただけば、それはあくまで自分たちの収入が増えるからで、国全体としてのことを考えていないからです。タクシン元首相の妹であるインラック元首相が人気を維持するために行った米(コメ)担保融資制度(事実上の米の高額買い取り制度)は、誰が見てもいずれは破たんしていた制度です。これは、国家反逆罪に問われても文句は言えないはずです(文句を言っていますが)。
 それならば、第三局はいないの?ということになります。さすがにこのような状況になってくると、第三局が成長はしてきています。しかし、まだかなり小さな勢力なのです。簡単に言うと、日本みたいなものかな(笑)。

 ということで、今回の総選挙は民主化の第一歩であることには違いありませんが、タイという国を現在よりも不安定にさせることも確かだと思います。今後、タイはどうなっていくのでしょうか? どこの国も同じですが、政治というものは簡単ではありませんね。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

2022年までに、バンコクのノンエアコン・バスを廃止へ

2022年までに、バンコクのノンエアコン・バスを廃止へ


D22009-N51-025.jpg   D22010-N57-128.jpg


 2022年までに、バンコクのノンエアコン・バスを廃止するとの発表がありました。天然ガスで動く車両に交換するとのことです。まあ、車両がかなり老朽化していますからね。

[参考] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua


 Nongbuaを中心に、Asia Networkのメンバーで執筆しています。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
Amazon (AD)
カテゴリ
AD by AdMax
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
お得な航空券の予約(AD)
twitter
ランキング
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ