FC2ブログ

タイで、全体を金色に塗られている堂を持つ寺院が問題視されている

タイで、全体を金色に塗られている堂を持つ寺院が問題視されている


 今、タイで、全体を金色に塗られている堂を持つ寺院が問題視されています。政府側から、「歴史ある建造物を金色に塗ってしまうのはいかがなものか?」との指摘を受けているようです。金色の堂を持つ寺院はタイ全土で複数あるとのことですが、ニュースに登場してきたのはスパンブリー県のウトーン郡にあるワット・ポタラーム(วัดโพธาราม)です。
 最近、タイの寺院では、信徒を集めるために?いろいろな工夫をすることがはやっています。たとえば、変わった像を造ったりとかですね。そのことを批判する人もいますが、寺院側も運営が苦しいのかもしれません。敬虔な仏教徒ではない身から言わせてもらえば、堂を金色に塗ってもいいような気もしますが…。先日、「ピカチュウ」や「ミッキーマウス」などのレリーフがある寺院へ行って来ました。それも、ある意味金色の堂と同じだと思います。近日中に、その寺院を紹介させていただきます。そういえば、壁画に「ドラえもん」が描かれた寺院もありますしね。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「กรมศิลป์ชี้ทาสีทองวัดเก่า ผิดพ.ร.บ.โบราณสถาน ชาวเน็ตย้อนถามทามา 2 ปีแล้วทำไมเพิ่งขยับ」
ワット・ポタラーム


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

タイの新MV「お花見の歌」だとさ/だけど、花なんて出てこないけどな

タイの新MV「お花見の歌」だとさ
だけど、花なんて出てこないけどな


 タイの新MVで、「お花見の歌」(O-Hanami)だとのこと。だけど、花なんて出てこないのですよ。歌詞には、花がたくさん出てくるのですがね。それから、私はこのGelatoというユニットを知りません。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

O-Hanami - Gelato [Official MV]


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

日本軍が捕虜に架けさせた最初の橋・木造橋跡「戦場に架ける橋」(カーンチャナブリー)

日本軍が捕虜に架けさせた最初の橋・木造橋跡
「戦場に架ける橋」
(ムアン・カーンチャナブリー郡/カーンチャナブリー県)


0804WA3871.jpg

0804WA3868.jpg   0804WA3869.jpg

MD42018-N02-019.jpg


 第二次世界大戦中、日本軍が捕虜に架けさせた木造橋の跡が残っています。この橋が、クウェー川で捕虜によって最初に架けられたものとのことです。場所は、「戦場にかける橋」として有名なクウェー川鉄橋のすぐ近くにある私設博物館のアート・ギャラリー&戦争博物館(Art Gallery & War Museum/JEATH War Museum)の中です。クウェー川鉄橋の少し南側に当たります。意外にも?この博物館を訪れる多くの人は、この橋の跡を見るためにやって来るとか。

[詳細] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「JEATH War Museum(Art Gallery & War Museum)」


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

ここが、旧泰緬鉄道の難所「チョーンカイ(チョンカイ)の切通し」(カーンチャナブリー)

ここが、旧泰緬鉄道の難所
「チョーンカイ(チョンカイ)の切通し」
(ムアン・カーンチャナブリー/カーンチャナブリー県)


MD42018-N01-617.jpg   MD42018-N01-622.jpg

MD42018-N01-624.jpg

MD42018-N01-613.jpg


 ここが、旧泰緬鉄道(タイ国鉄ナムトック線)の難所「チョーンカイ(チョンカイ)の切通し」です。短い区間ですが、線路の両脇が切り立った岸壁になっています。ここへ陸路で行くためには、ワット・タム・カオ・プーンまでソーンテーオ等で行き、境内を通り抜けクウェー・ノーイ川沿いに出ます。船着場もすぐ近くにありますので(船着場の階段を上がると、そこがチョーンカイの切通しです)、ボートをチャーターして行くこともできます。
 間に合う保証はできませんが、たとえばナムトック行きの列車をクウェー川鉄橋で写真撮影したとします。その際、ボートをチャーターしておけば、撮影後にボートでチョーンカイへ急いで向かえば、(たぶん)そこで列車の通過シーンを撮ることができます。

[詳細] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

チョーンカイの切通し


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

チャオプラヤー河畔にあるバンコクを守った砦「ウィチャイ・プラシット砦」(バンコク)

チャオプラヤー河畔にあるバンコクを守った砦
ウィチャイ・プラシット砦」
(バンコク)


MD82013-N57-034.jpg

MD82013-N58-161.jpg


  チャオプラヤー河畔に設置された、外国の脅威からバンコクを守っていた砦です。1685~87年に、フランス人技術者の手により造られました。砦はチャオプラヤー川からバンコーク・ヤイ運河への入口に位置しているので、チャオプラヤー・エクスプレス・ボートの船内から見ることができます。The Royal Thai Navy Headquartersの中にあり、一般には公開されていません。

[詳細] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

墜落したライオンエアーと同型機の新システムの取り扱い方法を、ボーイング社が伝えていなかった?

墜落したライオンエアーと同型機の新システムの取り扱い方法を
ボーイング社が伝えていなかった?


 10月29日に墜落したライオンエアーJT610便と同型機であるボーイングB737 MAX 8型機の新システムの取り扱い方法を、ボーイング社が伝えていなかったという情報が出てきています。なんでも、この型の飛行機は、特定の状況下で失速防止システムが自動的に作動して、機首が下がることがあるとのこと。その際の対処法を伝えていなかったというのです。ボーイング社は反論しているらしいのですが、アメリカからもその情報は聞いていないという声が出てきているようです。B737 MAX 8型機は世界中の空を飛んでいますので、これはただごとではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

「ミシュランガイド(タイ)」の第二版が発売/プーケットとパンガーも含む

「ミシュランガイド(タイ)」の第二版が発売
プーケットとパンガーも含む


 14日、「ミシュランガイド(タイ)」の第二版が発売されました。今回はバンコクだけではなく、南部地方のプーケットとパンガーも含まれています。そういえば初版を買いそびれていたので、タイへ行ったらこの第二版を買ってみることにしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

バンコクにある地上314mのスカイ・ウォーク「キング・パワー・マハナコーン・ビル」

バンコクにある地上314mのスカイ・ウォーク
「キング・パワー・マハナコーン・ビル」
<バンコク>


 バンコクの「キング・パワー・マハナコーン・ビル(King Power Mahanakhon Building)」にある、地上314mのスカイ・ウォークへ行くことができるようになったようです。床がガラスになっていて、はるか下方の地上が見えるアレです。キング・パワー・マハナコーン・ビルというのは、現在、タイで最も高いビルです。BTSシーロム線に乗り、サラーデーンからサパーン・タクシン方面に向かう時、チョンノンシーの駅の進行方向右側にアート系ののっぽビルが見えますよね。それが、キング・パワー・マハナコーン・ビルです。

 行くには入場料がかかるようで、74と75階の2フロア・チケットは850B、74、75と78階の3フロア・チケットは1,050Bとのこと。結構いいお値段ですね。

◆King Power Mahanakhon Building

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング





テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

第19回東京フィルメックス開幕/タイ映画「マンタレイ」上映

第19回東京フィルメックス開幕/タイ映画「マンタレイ」上映


MantaRayPoster11.jpg


 映画祭「第19回東京フィルメックス」が開幕します。会期は、11月17日(土)~25日(日)です。本映画祭では、タイ映画「マンタレイ(Manta Ray)」が上映されます。

◆第19回東京フィルメックス

[参考] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 映画ブログ 華流・アジア映画(韓国以外)へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

バンコクからプーケットへはどの航空会社が一番安い?/ちょっと意外な結果が

バンコクからプーケットへはどの航空会社が一番安い?
ちょっと意外な結果が


D62015-N15-596T11.jpg
写真(上): ノック・エアー


 さて、来年、飛行機でバンコクからプーケットへ行くことになりました。そこで、どの航空会社が一番や安いか調べてみたのです。条件は、受託手荷物が15kg以上あること。短時間のフライトですので、機内食は考慮しませんでした。当初の予想では、タイ・ライオン・エアーかタイ・ベトジェット・エアであろうと思いました。また、搭乗日は中国正月が近い繁忙期で、午前中の出発を条件としました。ちなみに、タイ・エアアジアとノックエアーは、セールを行っていました。調査結果は、下記の通りです。

[各航空会社の料金等] ※外貨のレート換算は、US$1=114円、1B=3.45円としました。また、インターネット決済手数料等は含まれていません。
 タイ・エアアジア(受託手荷物20kg/ドーンムアン空港から) 6,422円
 タイ・ライオンエアー(受託手荷物15kg/ドーンムアン空港から) 5,897円
 ノックエアー(受託手荷物15kg/ドーンムアン空港から) 7,860円
 ベトジェットエア(受託手荷物15kg/スワンナプーム空港から) 5,560円
 タイ国際航空(受託手荷物30kg?/スワンナプーム空港から) 4,554円
 タイスマイル エアウェイズ(受託手荷物20kg/スワンナプーム空港から) 5,174円
 バンコクエアウェイズ(受託手荷物20kg/スワンナプーム空港から) 9,971円

 以外にも、一番安かったのはフルキャリアのタイ国際航空で、次はタイスマイル エアウェイズでした。もちろん、いつの搭乗日でも同じ結果になるわけではありません。また、深夜便も含めると、タイ・ライオンエアーが、バスよりも安いような金額を出していました。そして、高いという印象を持っていたバンコクエアウェイズですが、ピンポイントの搭乗日・フライトでかなり安い金額を出していました。
 ということで、利用する場合は、その時その時で調べてみないと、どこの航空会社が一番安いか分かりませんね。

[参考] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua


 Nongbuaを中心に、Asia Networkのメンバーで執筆しています。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
Amazon (AD)
カテゴリ
AD by AdMax
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
お得な航空券の予約(AD)
twitter
ランキング
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ