屋台街が次々に閉鎖、サパーン・レックの今(バンコク)

屋台街が次々に閉鎖、サパーン・レックの今(バンコク)


 バンコクでは、次々に屋台街等が閉鎖されています。昨年10月に閉鎖されたサパーン・レックの現在の様子です。以前は、様々なお店で賑わっていました。サヤームの露店も、7月末で退去命令が出ています。今後も、次々にいろいろな場所の退去命令が出ることでしょう。タイの露店文化はどうなるのでしょうね。


にほんブログ村



This is What Saphan Lek Looks Like Now (Video)


テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

気軽に読める、バンコクの各エリアの散策記/書籍「仏都バンコクを歩く」

気軽に読める、バンコクの各エリアの散策記
書籍「仏都バンコクを歩く」


20160628.jpg


書籍名: 仏都バンコクを歩く
発行: 2007年6月5日
発行元: 彩流社
著者: 桑野 淳一
金額: 1,800円+税

 筆者が長い時間をかけて、バンコク都内のさまざまな場所を歩いてきた様子をつづったものです。とにかく、本書のカバーしている範囲が広いです。各エリアの歴史から現在の様子までが分かりやすく書かれており、とても読みやすいですよ。




にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

クラビーの素朴なビーチ「ノッパラット・タラー・ビーチ」

クラビーの素朴なビーチ「ノッパラット・タラー・ビーチ」


D42006-N18-029.jpg   D42006-N18-025.jpg

D42006-N18-062.jpg   D42006-N18-065.jpg


 アーオ・ナーン・ビーチの西側に位置している素朴なビーチで、宿泊施設やレストランなどはそれほど多くありません。このビーチ自身は観光ポイントとは言えないかもしれませんが、観光用のボートが出入りしています。、ビーチの幅も狭く、リゾート気分を味わうには不向きでしょう。

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

女性は本堂へ入ることができないお寺「ワット・ワンカム」/(カーラシン県)

女性は本堂へ入ることができないお寺「ワット・ワンカム」
(カーラシン県)


D32015-N05-346.jpg   D32015-N05-366.jpg
写真: 本堂

D32015-N05-226.jpg   D32015-N05-171.jpg
左: ウィハーン内部


 カーラシン県内では有名な寺院です。入り口で、男性も女性もお参り用の服装に着替えなければなりません。無料で貸し出してくれるので、お布施をしましょう。また、お参りセットももらえますよ。
 敷地内にはいろいろな建物があり、観光客でもそれなりに楽しむことができます。大きなウィハーン(ウボーソット(本堂)と間違えそうなのですが)の中は、博物館のようになっています。
 ウボーソットの敷地内には、裸足で入らなければなりません。晴れていると地面はかなり熱いので、注意が必要です。また、建物内には、女性は入ることができません。中のご本尊だと思われる仏像の真後ろにも、仏像が安置されています。知らないと、見逃してしまう人も多いに違いありません。この後ろに安置されているものが、本当のご本尊なのでしょうか?本堂の建物の裏側にも見事な装飾があります。
 わざわざ行くのはかなり大変ですが、悪くない寺院でした。

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー


にほんブログ村

[HLK]วัดวังคำ


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

これおもしろい、タイ・エアアジアの楽しい宣伝動画

これおもしろい、タイ・エアアジアの楽しい宣伝動画


D52014-N63-103.jpg   D32015-N52-033.jpg


 タイ・エアアジアのいかにもタイらしい宣伝動画です。要するに、Value Packでご予約をという内容です。タイ語が分からなくても楽しめますよ。

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー


にほんブログ村

AirAsia - นุ้ย+บุ๊คโกะ แฉ 3 ทริคสุดคุ้มเมื่อบินกับแอร์เอเชีย


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

水上浮遊して瞑想する尼さん(メーチー)がいる寺院「ワット・タム・マンコン・トーン」/(カーンチャナブリー)

水上浮遊して瞑想する尼さん(メーチー)がいる寺院
「ワット・タム・マンコン・トーン」
(カーンチャナブリー)


0804WA4285.jpg   0804WA4276.jpg

0804WA4281.jpg   0804WA4283.jpg


 ここは、カーンチャナブリーの町の中心部からは、約7km程離れている寺院です。「ワット・タム・マンコン・トーン(Wat Tham Mangkon Thong)」とは、「黄金の龍洞窟寺院」という意味になります。
 以前、この寺院には水に浮かんで瞑想するメーチー(※正確には尼僧ではない)がいました。現在は、その弟子たちによって行為が引き継がれています。境内にある深さ2.5m、直径6mほどの水槽内で、メーチーが水に浮かぶデモンストレーション(ショー)を行っています(これを「瞑想」と紹介している媒体が多いですが、瞑想ではないらしいです)。修行を積んだメーチーが白装束でこの水槽に入り、水に浮かびながら合掌をしたり座禅したりといろいろなポーズを取ります。
  メーチーが水上浮遊している写真を見て、この寺院に来る観光客は多いです。しかし、ただ浮いているだけだからでしようか、行った人たちの満足度はかなり低いです。また、完全にショー化してしまっているので・・・。

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー


にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

最近コンビニでよく見かける「アーチャー・ビール」を飲んでみた

最近コンビニでよく見かける「アーチャー・ビール」を飲んでみた


D9992016-N51-010.jpg


 最近、タイのコンビニでよく見かけるようになった「アーチャー・ビール」を飲んでみました。いつの間にか、デザインが変わっていたのです。
 このビールは、2004年7月に発売されました。炭酸がやや強く、味がすぐに消えてしまう傾向がありますね。味の余韻を楽しめないのが残念です。以前と比べ、アルコール度数が5.4%から5%に変わっていました。また、容量も330mlから320mlと少なくなっていました。製造(醸造)は、「ビア・ティップ・ブルワリー(1991)/Beerthip Brewery (1991) Co., Ltd.」、他です。

[ 詳 細 ]  亜細亜ビール物語


にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

マツコ・デラックスのタイ料理レストランを舞台にしたCMのメイキング

マツコ・デラックスのタイ料理レストランを舞台にしたCMのメイキング


 マツコ・デラックスがCMキャラクターを務める、レストラン予約・グルメ情報サイト「ホットペッパー・グルメ」の新CMが放映されています。今度は、タイ料理レストラン編で、そのメイキング動画です。


にほんブログ村

マツコ、タイ人男性に「付き合って」 by JIJIPRESS/時事通信芸能動画ニュース


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

これが、タイ国鉄の中国製新車両/動画

これが、タイ国鉄の中国製新車両/動画


 タイ国鉄の中国製新車両の紹介動画です。

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー


にほんブログ村



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

台湾が、タイ人に対してビザ免除

台湾が、タイ人に対してビザ免除


D32016-N51-098.jpg   D32016-N51-089.jpg

D32016-N01-255.jpg   D32016-N01-272.jpg
写真: 桃園空港(台北)


 台湾が、タイ人とブルネイ人に対してビザ免除をするそうです。8月1日からで、滞在期間は30日。日本人には関係のないニュースですが、これでタイの人が台湾経由で日本に来やすくなりましたね。たとえば、台湾のLCC(格安航空会社)のVエアを使ってタイから台湾乗り継ぎで日本へ来ることができますが、一度台湾に入国しなければなりません。そのため、タイ人はトランジットであって台湾のもビザが必要だったのです。(要、詳細確認)


にほんブログ村



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
HotelTravel .com (AD)
タイのホテル予約には定評があります。
都市・地域
到着日
出発日
客室数:
子供
大人
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
AD by Google
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ