タイが日本の新幹線導入へ/中国の高速鉄道の展示

タイが日本の新幹線導入へ/中国の高速鉄道の展示
「エアポート・レイル・リンク/マッカサン駅」(バンコク)


D32015-N01-097.jpg   D32015-N01-078.jpg

D32015-N01-088.jpg   D32015-N01-087.jpg
写真: エアポート・レイル・リンク、マッカサン駅の展示


 先日、タイと日本が、バンコク=チェンマイ間の高速鉄道事業に日本の新幹線方式を採用する合意文書を取り交わしました。新幹線方式の輸出は、これが台湾に次いで二例目となります。しかし、よく中国にならなかったものだと思います。まだ、他の路線もあるので、そちらを中国にということなのかもしれません。また、タイの政権が変わってしまうと、事情が変わらないとも限りませんが。もう長い間、エアポート・レイル・リンクのマッカサン駅には、中国の高速鉄道の展示がされています。

 私は鉄道事業に関して素人ですが、タイの高速鉄道は黒字になるのでしょうかね?タイ国内の長距離交通はLCC(格安航空会社)がしのぎを削っており、料金的にも長距離バスと勢力争いをしている状況なのです。そんな状況下で、料金が安くないと思われる新幹線がやっていけますかねえ。
 タイには、既存のものよりもちゃんとした鉄道網が必要だとは思います。ですが、貨物のない旅客だけというのは採算が取れますかどうか。エアポート・レイル・リンクの二の舞にならなければいいのですが。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

マイレージで、無料特典航空券「東京=バンコク」をもらうには

マイレージで、無料特典航空券「東京=バンコク」をもらうには


D112013-N51-045.jpg   D112013-N51-116.jpg


 マイレージで無料特典航空券をもらおうと思い、「東京=バンコク(エコノミー・クラス)」をもらうにはどれくらいのマイルが必要なのか調べてみました。結果を要約すると、以下の通りです。

◆ユナイテッド航空(マイレージプラス)
必要マイル数: 45,000マイル(往復) 22,500マイル(片道)
※ユナイテッド航空は「東京=バンコク」間の路線を持っていませんので、同アライアンスの全日空やタイ国際航空の便になります。
※不足マイルを購入する場合の金額は、US$70/2,000マイルです。

◆デルタ航空(スカイマイル)
必要マイル数: 45,000マイル(往復) 22,500マイル(片道)
※上のマイル数は、同アライアンスのベトナム航空、チャイナエアライン、中国東方航空のもので全て経由便です。デルタ航空のものをもらおうとすると、往復67,500マイル、片道45,000マイルも必要です。
※不足マイルを購入する場合の金額は、US$70/2,000マイルです。

◆キャセイパシフィック航空(アジア・マイル)
必要マイル数: 45,000マイル(往復) 25,000マイル(片道)
※キャセイパシフィック航空でも、日本航空でも同じマイル数です。
※不足マイルを購入する場合の金額は、US$60/2,000マイルです。

 無料特典航空券をもらう場合、どこのマイレージがもらいやすいかは必要マイル数だけでは決められません。しかし、上記の内容だけで判断すると、デルタ航空は少し使い勝手が悪いかもしれませんね。また、各有効期限は、スカイマイルは無期限、マイレージプラスは事実上の無期限化が可能、アジア・マイルは約三年間です。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

【ICAO問題続報】タイの航空会社の日本への年内新規就航は無理?

【ICAO問題続報】タイの航空会社の日本への年内新規就航は無理?


 なんということか、「Bangkok Post」紙によると、ICAO(国際民間航空機関)に「重大な安全上の懸念(SSC)」を指摘されてしまった問題に関するチェックは、年末までずれ込む見込みだと報じました。そうすると、タイの航空会社の日本への年内新規就航は無理ですし、チャーター便も飛ばせません。そして、タイ・エアアジアXの札幌=バンコク線も復活できません。
 先日の欧州委員会(European Commission)の発表で、タイの航空会社がヨーロッパへの乗り入れ禁止にならなかったことから安心してしまったのでしょうか?今後、航空機利用者にどのような影響が出てくるかは不明です。

※「Bangkok Post」紙の内容を、当ブログ的に解釈すると下記のようになります。
 (ヨーロッパが乗り入れを禁止しなかったので一安心)タイとしては、ICAO問題をどのように解決したらいいか分からない。そこで、アメリカの助けを借りようと思う。どうしたらいいか、アメリカの指示に従うことにする。また、人手が足りないので、ICAOのチェックを受けるのは年末になってしまう。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

(※画像をクリックすると拡大されます)


Bangkok Post
27 Jun 2015



















テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

タイの航空会社、ヨーロッパへの乗り入れ禁止措置を回避/ICAO問題

タイの航空会社、ヨーロッパへの乗り入れ禁止措置を回避
ICAO(国際民間航空機関)問題


 25日に、欧州委員会(European Commission)の安全リスト「the EU air safety list」の更新がありました。それによると、タイの航空会社はリストアップされていません。つまり、懸念されていたヨーロッパへの乗り入れ全面禁止措置は回避されたことになります。次に、アメリカの発表もあるようです。そして、日本はどうするのでしょうか?いずれにせよ、これで、日本がタイに籍のある航空会社の全面乗り入れ禁止措置を取る可能性は薄れたのではないでしょうか?ですが、この問題はまだまだ予断は許しません。

◆European Commission

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

バンコクのゴーゴーバーで働く16歳と17歳の女の子

バンコクのゴーゴーバーで働く16歳と17歳の女の子


D42011-N08-115.jpg   D42011-N08-359.jpg
右: スージーウォン


 つい先日、バンコクのソイ・カウボーイで未成年者の16歳と17歳の女の子に売春させていた容疑で、バーの店長と店員が逮捕されたとのニュースが流れました。店の名は、「ニュースージー」だとのこと。これって、「スージーウォン」の名前が変わったのでしょうか?

 私もバンコクのゴーゴーバーでダンサーとして働いていた、当時16歳と17歳の女の子を知っています。ある店で飲んでいた時、知り合いの女の子が自分が田舎から連れて来て今から働き始める新人だと言って紹介されたのです。彼女は、「この子の名前は○○で、まだ18歳になっていない」「こっちの子の名前は○○で、まだ17歳になっていない」と紹介したのです。私は「???」となり、「ようするに、この二人は何歳なの」と問うと、「17歳と16歳」とのこと。
 17歳のダンサーには何回かお目にかかったことはあるのですが、16歳というのは初めてで少々驚きました。二人は店に到着したばかりだったのですが(この二人の場合、既に店のママさんとは話が付いていた)、店のシステムを説明され着替えてすぐに働き出しました。
もちろん、二人は18歳未満なので、ここで働くのは違法です。こういう場合、店内では18歳ということになっています。この16歳の子はアルコールを飲んだことはあるとのことですが、テキーラは飲んだことはないとのことでした。そりゃあ、当たり前ですよね。テキーラは、タイの普通の人たちの間では一般的なお酒ではありませんのでね。
 で、この子たちを連れてきた先輩ダンサーが、彼女たちにテキーラを勧めたのです。やさしく、「一気に飲まなくていいから、少し飲んでごらん」と言いました。16歳の子は、二三秒ためらっていましたが、一気に飲み干しました。飲み終わった後、すごい顔をしていたのを今でも覚えています、なかなかの根性です。
 ゴーゴーバーは、どこの店も何らかの警察とのコネクションを持っています。そうでないと営業自体ができません。ですが、なぜか時々いろいろな摘発もされます。そのあたりが、どうもよく分からないのですがね。

 この17歳の子は、二年程度働いていたでしょうか?その後結婚して、子供をもうけて離婚してしまいました。もう一人の16歳の子はいろいろあり、今でも元気にやっています。ただし、コヨーテ・ダンサーとしてですが。(文:S.N.)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

ラチャダピセーク通りの元マッサージパーラーであったホテル「ヒップ・ホテル」/(バンコク)

ラチャダピセーク通りの元マッサージパーラーであったホテル
「ヒップ・ホテル」
(バンコク)


D32015-N51-248.jpg   D32015-N01-166.jpg

D32015-N01-162.jpg   D32015-N01-163.jpg
写真: 客室の写真はステューディオ


 元、マッサージパーラーの「ミラージュ(Mirage)」を改装して造られた、10階建てエコノミー・クラスのブティック・ホテル。MRTフアイクワーン駅から徒歩数分の場所にある。すぐ近くのエメラルド・ホテル(The Emerald Hotel)、そして隣にあるパラッツォ(The Palazzo)やCalypxoと同系列。中国人団体客の利用が多い。
 少々分かりづらいが、ホテルのフロントは二階にある。スイミング・プールやスパなどの施設はない。
部屋により様々なデザインがあり、その名の通りヒップな感じがそのデザインに出ている。調度品は高級とはいえないが、ゴミ箱に至るまでヒップな感じで統一されていて面白い。
 ステューディオでも部屋は広く快適。だが、バス・タブはない。クール・ステューディオは、バス・ルームがやや広め。バス・タブは、二人入っても十分なほど大きい。シャワー・ブースは別に付いているわけではないが、バス・タブに固定式と可動式のシャワーが付いている。
 中国から来た団体客が多い関係で、いろいろと騒がしいことが多いのがやや気になる。周囲はバンコクを代表するナイトライフ・エリアで、多くのマッサージ・パーラーなどがある。だが、それさえ気にしなければ、MRTのフアイクワーン駅に近いので交通に便利で使い勝手はいい。

◆Agoda

[ 詳 細 ] タイ=ホテル・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

エアアジアが、7月31日以降「札幌=バンコク」線を運休する見込み

エアアジアが、7月31日以降「札幌=バンコク」線を運休する見込み


D102014-N06-645.jpg   D102014-N06-806.jpg


 タイ・エアアジアXが、7月31日(8月1日?エアアジアのホームページでは7月31日以降のチケットは売られていません)以降「札幌=バンコク」線を運休する見込みのようです。これは、ICAOから「重大な安全上の懸念」を表明されてしまった影響です。今まではマレーシアに籍のあるエアアジアXの機材を使用して運航していたのですが、それを取りやめるようです。タイと日本の観光業界に、それなりの影響が出てしまいそうですね。エアアジアのホームページ(日本語版)には、まだその件に関する情報は表示されていないようです。関係のある方は、航空会社にご確認を。

◆エアアジア

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

(※画像をクリックすると拡大されます)


Bangkok Post
23 Jun 2015




















テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

エアアジアが年四回だけのセール、東京・大阪=バンコクの往復33,000円程度~(荷物20kg、食事、諸費用込)

エアアジアが年四回だけのセール
東京・大阪=バンコクの往復33,000円程度~(荷物20kg、食事、諸費用込み)


D102014-N06-777.jpg   D102014-N06-803.jpg


 エアアジア(AirAsia)が、年四回だけのセールを行っています。東京・大阪=バンコクの往復が33,000円程度~(受託手荷物20kg、食事、諸費用込み)というかなり安いものです。ですが、この金額の対象となっているフライトは多くないようです。販売は6月28日まで。旅行期間は、2016年2月15日~8月31日までとかなり先のものです。

◆AirAsia

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

【特別編】20台目の外付けハード・ディスクは5.0TB/「TOSHIBA CANVIO」

【特別編】20台目の外付けハード・ディスクは5.0TB/「TOSHIBA CANVIO」


20150618-1.jpg

20150618-2.jpg


  先日、20台目の外付けハード・ディスクを購入しました。購入したのは「TOSHIBA CANVIO 5.0TB」です。5.0TBのものを導入したのは初めてです。いままではちょっと価格が高かったので、購入をためらっていました。それが、ここまで来たかという感じの金額で実質約22,000円。本当に、安くなりましたよね。3.0TBのものも持っていますが、音も静かで何も問題ありません。
 仕事の関係で、ハード・ディスクは年間2~3TB位ずつ増やしていかなければなりませんので大変です。私が持っている外付けハード・ディスクは、一番小さいものは250GBしかありません。そして、一番金額が高いものは、2TBで購入当時約10万円もしました。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

どうなる?ICAOから「重大な安全上の懸念」を正式に指摘されてしまったタイ

どうなる?ICAOから「重大な安全上の懸念」を正式に指摘されてしまったタイ


 なかなかその後の情報が入ってこなかった「タイのICAO問題」ですが、ついに(悪い方の)進展がありました。 18日に、タイは、ICAOから「重大な安全上の懸念(SSC)」があると正式に指定されてしまったのです。
 ICAOは、タイに対し90日間の改善猶予期間を与えていましたが、その期間内にタイ側から出された改善案が認められなかったようです。SSCが指摘されているのは、世界で13ヵ国。それらは、ボツワナ、ハイチ、アンゴラなど世界的にある面で有名なそうそうたる国々です。この中に、タイが入ってしまったというのはすごいですね。
 具体的には、何が原因なのかは分かりません。「Bangkok Post」紙に表が載っていますが、どういうことなのかさっぱり分かりません。そして、今後タイ籍の航空会社にどのような影響が出てくるのでしょうか?あくまで可能性ですが、これによりタイに籍がある航空会社の(新規だけでなく既存のフライトも)乗り入れが全面禁止という可能性も…。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

(※画像をクリックすると拡大されます)

Bangkok Post
19 Jun 2015






















Bangkok Post
19 Jun 2015





















テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
AD by Google
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ