ちょっとおしゃれな栄養ドリンク

ちょっとおしゃれな栄養ドリンク
「ワキー(Wakie)」


D12012-N57-026.png


 壜は青いビニールで包まれていて、ちょっとおしゃれな感じのする栄養ドリンクです。コンビニで見つけました。

⇒タイランド・ライブラリー

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

タイには「黒いトウモロコシ」があります

タイには「黒いトウモロコシ」があります


D12012-N02-224.jpg   D12012-N52-102.jpg


 タイには日本でもおなじみの黄色いトウモロコシの他、黒(濃い紫に近い)や黄色(や白)に黒が混じった種類のものがあります。露店でもふかしたものや焼いたトウモロコシがよく売られているのを見かけます。バンコクの露店ては、写真のふかしたものが1本20バーツでした。

⇒タイランド・ライブラリー

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

ターイ・オラタイの新MV「ヤーンアーイパハック」公開

ターイ・オラタイの
新MV「ヤーンアーイパハック(ย่านอ้ายบ่ฮัก)」公開


 ターイ・オラタイの新MV「ヤーンアーイパハック」が公開されました。曲のタイトルであるタイ文字の「ย่านอ้ายบ่ฮัก」が難しいつづりで、もしかしたら発音が違うかもしれません。あしからず。



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

バンコクの店先で見つけた不思議なもの

バンコクの店先でで見つけた不思議なもの


D12012-N52-125.jpg   D12012-N52-123.jpg


 バンコクのプラカノーン地区を歩いていたら、店頭に不思議なものが掛かっているのを見つけました。このお店、何を売っているのか?セメントのようなものが置かれていましたが、何なのかははっきりしません。そして、これは店主の趣味なのかな?

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

旬ではないタイの果物を食べてみると

旬ではないタイの果物を食べてみた


D12012-N55-034.jpg   D12012-N55-137.jpg
ランブータン

D12012-N55-061.jpg   D12012-N55-148.jpg
ロンコーン


 先月タイへ行ったときに、あえて旬ではない果物を食べてみました。旬の時期は、ランブータンは5~9月、ロンコーンは8~10月だといわれています。町中でロンコーンははたくさん見ましたが、ランブータンはほとんど見かけませんでした。
 で、食してみると、どちらも甘さがありませんでした。どちらも甘さには定評のあるフルーツです。特に、これほど甘くないランブータンは初めてでした。やはり、フルーツには旬というものがあるということなのでしょうかね。

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

タイでは露店で寿司を売っています

タイでは露店で「寿司」を売っています


D12012-N54-101.jpg

D12012-N54-100.jpg   D12012-N54-099.jpg


 タイでは日本食が人気です。その日本食の代表格ともいえる寿司ですが、タイでは露店で売っているのを知っていますか?スクムウィット通りや祭りの会場などでよく見かけますね。しかも、冷蔵ケースには入っておらず、外気に触れた状態で並べられています。この南国で、あんな販売方法で悪くはならないのだろうかといつも思っています。えっ?食べたことあるかって?私は露店の寿司は食べたことないですよ。だって・・・。

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

サイアム・パラダイス・ナイト・バザールの惨状を見た

サイアム・パラダイス・ナイト・バザール
(サヤーム・パラダイス・ナイト・バザール)
の惨状を見た


D12012-N02-301.jpg   D12012-N02-307.jpg

D12012-N02-275.jpg   D12012-N02-291.jpg
左右: ショッピング・モールにはお客もいません


 観光用のテナント式市場。名称は「ナイト・バザール」となっていますが、昼間から開いています。2010年末で閉鎖されたスアン・ルム・ナイト・バーザールが移転したもので、敷地は、6万7200㎡もの広さがあるとのこと。
 BTSの駅から遠くないとはいえバンコクの中心部からは少し外れてしまったので、以前のように気軽に立ち寄ることができなくなってしまいまた。そのためでしょううか、開いている店が非常に少ないのです。開いているのは全体の10%程度でしょうか。なぜかシャッターを閉めているテナントも多いですが、空のテナント・スペースも非常に多いですね。そして、開いている店でもその多くの店に店員がいないのです。多分、客がめったに来ないからだと思うのですが。レストラン関係もほとんどやっていません。「客が少ない→テナントが入らない→客が来ない」という悪循環に陥っているようです。
 現状では、残念ながらわざわざ出かけて行っても・・・という感じです。あまりの惨状に、ことばも出ません。

⇒タイランド・ライブラリー

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

困った!! エアポート・レイル・リンクのマッカサン駅でタクシーに乗れない

困った!!
エアポート・レイル・リンクのマッカサン駅で
タクシーに乗れない


D12011-N53-050.jpg   D22010-N56-137.jpg
ARLエクスプレスとARLマッカサン駅

D42010-N01-113.jpg   D12011-N53-005.jpg
左右: ターミナルから大通りへ向かう通路


 先日、成田からタイ国際航空641便でバンコクへ行きました。バンコク到着が15:45。目指すは、予約したナナーにあるホテルです。エアポート・レイル・リンクを利用しマッカサン駅へ。到着は17:15ころ。そこからタクシーでと思ったのですが、駅のタクシー乗り場でしばらく待っていてもタクシーは来ませんでした。
 そこで、大通りに出て拾おうと歩き出すと、「タクシー」と声をかけてくる人がいました。白タクであろうか?首に身分証明みたいなのを下げていましたが、詳しく見なかったので何と書かれていたのかはわかりません。どこまで行くのかと聞かれたので「ナナー」と言うと、「150B(バーツ)」と言うので、「高いからいやだ」と言うと、「渋滞だからメーターと同じ」とのこと。そんなことないでしょう。まあ、100B近くかかるかもしれないけどねと思い、無視して大通りへ。
 大通りに出てみると、私と同じくタクシーを拾おうとしている人たちが数名いました。ここからが大変で、タクシーは通るのですが空車がほとんど来ないのです。確かに帰宅の時間帯ではあるのですが、ここまで捕まらないとは思いませんでした。40分待っても空車が捕まらないまで・・・。MRTは荷物検査があり、バッグをすべてあけなければならないので使いたくありません。そこで悩んだのですが、幸いにも私の荷物は登山用のリュックですのでバイク・タクシーで行くことに。
 時間帯によってはこんなにタクシーが捕まらないことがあるのですね。改めて思い知らされました。まあ、いくら帰宅時間帯とはいえ、マッカサン駅にタクシーが一台もいないというのはどうですかね。これだから、エアポート・レイル・リンクの利用者が少ないんだよなと思いつつ・・・。
 

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

ベーン・スポンのOfficial Audio「ワン・ニー ワン・スットターイ」が公開

ベーン・スポンの
Official Audio「ワン・ニー ワン・スットターイ」が公開


 ベーン・スポン(เบล สุพล)のOfficial Audio「ワン・ニー ワン・スットターイ(วันนี้...วันสุดท้าย)」が公開がされました。



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

ビールの空き缶で作ったトゥクトゥク

ビールの空き缶で作ったトゥクトゥク


D12012-N59-010.jpg

D12012-N59-019.jpg   D12012-N59-013.jpg


 ビールなどの空き缶を利用した模型です。さまざまなものがありますが、一番人気はトゥクトゥク(オート三輪車)のものです。値段は150B(バーツ)程度~。土産物店だけでなく、よく露店でも売っています。お土産に買って帰ればうけると思いますが、問題は傷めずに持ち帰るのが大変なことですね。

⇒亜細亜ビール物語

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
HotelTravel .com (AD)
タイのホテル予約には定評があります。
都市・地域
到着日
出発日
客室数:
子供
大人
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
AD by Google
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ