プーケットの地方紙「Phuket Gazzet」のiPhone用アプリ

プーケットの地方紙「Phuket Gazzet」のiPhone用アプリ


PhuketGazzet2.jpg


 プーケットの地方紙「プーケット・ガゼット(Phuket Gazzet)」のiPhone用アプリです。記事の詳細を読むためには、有料契約が必要です。

◆Phuket Gazzet
Artist: The Phuket Gazzet Co., Ltd.
Ver.: 1.0
英語、無料

テーマ : タイ・プーケット
ジャンル : 海外情報

ハード・ロック・ホテルは楽しいぞ(パタヤー)

ハード・ロック・ホテルは楽しいぞ
(パタヤー)


D12007-N13-040.jpg   D12007-N14-004.jpg

D12007-N12-033.jpg   D12007-N11-038.jpg


 ご存知、Hard Rockグループのホテルです。高級感はないですが、ロックファンならずとも泊まってみるのは面白いホテルです。ホテル全体がまるでパーティー会場のような雰囲気で、スタッフもフレンドリーですよ。
 室内のベッド部分に飾られているロックスターの巨大な写真は確かに誰かに見られているような気もしますが、これがなかったらただの部屋ですね。バス・ルームは正方形という珍しい形をしています。一見狭いようにも見えますが、2人入ってもまったく問題ないくらいの容積があって気持ちいいです。部屋のカテゴリーで「Superior」と「Deluxe」の違いは部屋そのものの内容はではなく、「Superior」はシティー・ビューで「Deluxe」はシー・ビューという点です。
 レストランの調味料入れがドラムの形をしていたり細部にも凝った箇所が多々あります。ロビーなどには往年の有名なロックスターたちが着ていた衣装や使っていた楽器などが展示されているのは、興味ある人にとってはたまらないでしょう。毎週土曜日の21:00~01:00、人工ビーチを備えた2000㎡のプール・サイドでヒップホップ・パーティー(泡パーティー)が行われることでも有名です。とにかく面白いホテルですよ。興味がある方は、ぜひどうぞ。

◆ Hard Rock Hotel
⇒タイ=ホテル・ライブラリー

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

このお寺にも涅槃仏があります「ワット・プッタイサワン」

このお寺にも涅槃仏があります「ワット・プッタイサワン」
(アユタヤー)


D12010-N01-687.jpg   D12010-N01-607.jpg

D12010-N01-669.jpg   D12010-N01-626.jpg


 アユタヤーの島外、チャオプラヤー川の河岸に位置する由緒ある寺院です。今回の洪水騒ぎでどうなっているのでしょうか?定かではありませんが、伝説ではアユタヤー朝を開いたウートーン王の宮殿がこの地にあったとされています。王は都を島内に造り上げる前の三年間この地に居住し、後にここに寺院を建立したと伝えられています。
 遺跡は寺院の奥に位置しています。遺跡部分は、92×192mの塀で囲まれており、その中には白い主塔とつながっている54×74mの回廊があります。初期アユタヤー時代のプラーン(仏塔)や涅槃仏があり、「ボート・マハーウット」という珍しい窓のないお堂も残ってます。

⇒アユタヤーNOW

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

枇杷(ビワ)に似た果物

枇杷(ビワ)に似た果物


D22011-N52-007.jpg   D22011-N73-078.jpg


 タイの「マプラーン(Plum Mango)」という果物です。ビワのような形をしており、味は柿に近いという人もいればマンゴに近いという人もいますね。値段は、他のものに比べて高めのような気がします。旬は3~4月です。

⇒タイランド・ライブラリー

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

国鉄マッカサン駅近くの光景

国鉄マッカサン駅近くの光景
(バンコク)


D42009-N62-058.jpg   D42009-N62-008.jpg

D42009-N62-003.jpg   D42009-N62-013.jpg


 エアポート・レイル・リンクができたことで、名前が有名になった「マッカサン」。写真は国鉄のマッカサン駅とその周辺の光景です。国鉄とエアポート・レイル・リンクのマッカサン駅は、少し離れていますので歩いて移動し乗り換えるのは大変です。

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

ビジネス・クラスのフライトの食事はフル・コース?

ビジネス・クラスのフライトの食事はフル・コース?


D42009-M03-058.jpg   D82008-M01-008.jpg

D82008-M01-002.jpg   D82008-M01-005.jpg
左右: ビジネス・クラスの食事


 数年前、香港とタイへ頻繁に通っていたことがあり、キャセイパシフィック航空の準?ヘビー・ユーザーだったことがあります。最近では、オーバーブッキングの際、多くの航空会社が自社の(マイレージなどの)会員を優先してアップ・グレードさせます。以前はチェック・イン順に席を埋めてゆき最後の方に来た人の座席をアップ・グレードさせていたのですが、今は違いますね。そのため、日本と香港経由でバンコクを往復すると、一番多い時では必ず1フライトはアップ・グレードしてもらえました。
 やはりビジネス・クラスはいいですね。座席は広いですし、食事なども違います。食事はコース料理みたいになっていて、食べきれないほど出てきます。
 キャセイパシフィック航空の場合、(キャセイの会員制度であるマルコポーロ・クラブの)ゴールド以上の会員ですと、飛行機に乗るとエコノミー・クラスでも乗員の方が「何か御用がございましたらお申し付けください」とわざわざ座席まで挨拶に来るのです。
 まあ、ビジネス・クラスは安くありませんので、そう簡単には乗れないのが残念です。

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

タイの新聞購読アプリ「Thai News Reader Free」

タイの新聞購読iPhone用アプリ「Thai News Reader Free」


ThaiNewsReaderFree3.jpg


 タイの新聞各紙「Post Today」「Matichon」「ThaiRath」「KhaoSod」「Manager」「Nation」「Bangkk Post」「SiamSport」「Daily World Today」「Kom Chad Luek」の記事を読むことがでるiPhone用アプリです。もちろん、要インターネット接続ですが便利ですよ。

◆Thai News Reader Free
Artist: P Prabriputaloong
Ver.: 1.3.4
英語・タイ語、無料

⇒「タイ=スマートフォン・アプリ」ガイド

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

南国の人気フルーツ「マンゴ」、スイーツとしてもグッド

南国の人気フルーツ「マンゴ」、スイーツとしてもグッド


D22011-N73-153.jpg   D22011-N77-006.jpg

D22011-N73-135.jpg   YT12007-WC3S0131.jpg
右: カオニャオ・マムアン


 マンゴには、さまざまな種類のものがあり味もいろいろです。特に果皮も果肉も黄色い「ナムドークマイ」という品種は、味がいいということで人気があります。カオニャオ(もち米)とマンゴを組み合わせたカオニャオ・マムアンは、スイーツとしてとても人気があります。

⇒タイランド・ライブラリー

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

先日決壊したプラカノーン運河沿いにある幽霊寺?

先日決壊したプラカノーン運河沿いにある幽霊寺?
ワット・マハーブット(Wat Mahabut)


D12010-N59-080.jpg   D12010-N59-213.jpg
左: ワット・マハーブット内部   右: プラカノーン運河

NangNakPoster101.png   D12010-N59-088.jpg
左: 映画「ナーン・ナーク」のポスター   右: ワット・マハーブットにあるナーン・ナークのご本尊の写真


 先日のバンコクの洪水で決壊したプラカノーン運河は、BTSのオーンヌット駅とプラカノーン駅の間を流れています。決壊したのはスクムウィット通りよりも南側とのことですので、このワット・マハーブットは北側なのでその反対側ということになります。
 この寺院は、タイで最も有名な実際にあった話だといわれているホラー伝説「メー・ナーク・プラカノーン」のメー・ナークが祀られている寺院なのです。外国人はほとんど訪れないですが、人気のあるお寺で参拝客は多いです。プラ・カノーン運河のほとりに位置していますので、今回の洪水騒ぎでどうなったのでしょうか?メー・ナーク・プラカノーンのご本尊は撮影禁止ですが、見ることはできます。ちょっと不思議な?スタイルをしています。祀られている場所はちょっとわかりにくいですね。タイ語で表示は出ていますが英語のものはありません。みなさん、頑張って見つけてくださいね。BTSオーンヌット駅で下車して徒歩約20分です。

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

小さなクメール様式の遺跡(スリン)

小さなクメール様式の遺跡/プラサート・シー・コラプーム
(スリン)


D22010-N54-186.jpg   D22010-N02-282.jpg

D22010-N54-251.jpg      D22010-N54-203.jpg


 アンコール・ワット時代の1100~1175年の間に、ヒンドゥー教寺院として建立されたものです。後に、15~16世紀の間に仏教寺院に改装されました。111×115mのU型の池に囲まれており、四角形のプラーン(仏塔)が残っています。それらはラテライトの土台(25×26×1.5m)の上にレンガで造られ、東に面したメインの仏塔は四つの小さな塔に囲まれています。復元されたものかもしれませんが、メイン塔には比較的良好な状態のレリーフが残されているのがすごいです。遺跡内は、公園としてきれいに整備されていますよ。

⇒タイランド・ライブラリー

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ