FC2ブログ

「プーケット空港隣接のビーチでセルフィーを撮ったら死刑」はフェイク・ニュースだった/「マイカーオ・ビーチ」(プーケット)

「プーケット空港隣接のビーチでセルフィーを撮ったら死刑」はフェイク・ニュースだった
「マイカーオ・ビーチ」
(タラーン/プーケット県)


D22019-N03-073T.jpg


 先日、プーケット空港に隣接するビーチへの立ち入り制限がかかったというニュースを紹介しました。その際に、「Khaosod」のFacebookの見出しには「セルフィーを撮影すると死刑」という内容が書かれていることを紹介しましたが、あれは「セルフィーを撮ったら死刑」というフェイク・ニュースが流れたという内容のもののようでした。最高刑で死刑というのは、ドローンを飛ばしたり、光線を飛行機に当てたりした場合ということです。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



「マレーシア航空、アジアのセント・マーチン「プーケット空港」への離着陸」


テーマ : タイ・プーケット
ジャンル : 海外情報

東洋のセント・マーチン、プーケット空港に隣接するビーチへの立ち入りを一部禁止?/「マイカオ・ビーチ、ナイヤーン・ビーチ」

東洋のセント・マーチン
プーケット空港に隣接するビーチへの立ち入りを一部禁止?
「マイカオ・ビーチ、ナイヤーン・ビーチ」
<タラーン/プーケット県>


D22019-N02-102T.jpg


 「東洋のセント・マーチン」とも言われる、プーケット空港に隣接している「マイカオ・ビーチ」(「ナイヤーン・ビーチ」と記している人も多いですが、正確には「マイカオ・ビーチ」だと思われます)。ここは、陸方向から風が吹いている時に、着陸機がビーチすれすれに空港へアプローチしてくる有名な飛行機の撮影ポイントとなっています。先日、この場所は危険なので、ビーチに立ち入り禁止区域を設けるとのニュースが流れました。そして、それが実施されたとのニュースが入ってきたのです。ですが、いろいろな媒体を読んだのですが、詳しい内容が分かりません。いくつかの媒体には、「写真を撮影するために立ち入ることを禁止」と書かれています。ということは、写真を撮影しなければ入れるのか?ということになってしまいますよね。
 そして、盛んに、「ドローンを飛ばすことと飛行機にライトを当てる行為が危険だ」という内容が出てきます。それは当然ですよね。このような行為がどれくらい行われているのか分かりませんが、だから立ち入り禁止になったともとれる内容なのです。飛行機の写真を撮影することがそんなに危険なのか?と言われると、個人的にはもう少し柵等を整備すれば何とかなりそうな気がします。ですが、離陸する飛行機の気流があるので、子供の立ち入りは禁止した方がいいと思います。気流の真っただ中に、小さな子供を抱いて入っている親がいるのですが、あれは信じられない行為です。また、本家のセント・マーチン島の空港はもっと飛行機に近いので、あそここそどうにかしないとと思います(亡くなった方も出てしまったようですし)。
 あくまで個人的な気持ちですが、立ち入り禁止になった理由がどうも釈然としませんね。とにかく、どの程度のエリアか分かりませんが、立ち入り禁止になってしまったようです。

 ちなみに、下部に貼り付けた「Khaosod」のFacebookですが、見出しは「セルフィーを撮影すると死刑」というような内容になっています。実際は、そういうわけではないみたいですが。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

大迫力の着陸シーン、東洋のセント・マーチン「プーケット空港」




テーマ : タイ・プーケット
ジャンル : 海外情報

離着陸をする飛行機を間近に見ることができるプーケットの「ナイヤーン・ビーチ」

離着陸をする飛行機を間近に見ることができるプーケットの
「ナイヤーン・ビーチ」
(ナイヤーン・ビーチ/プーケット県)


 航空機ファンには有名なのですが、プーケット空港近くにあるナイヤーン・ビーチではプーケット国際空港に離着陸する飛行機を間近に見ることができることで知られています。「アジアのセント・マーチン島(プリンセス・ジュリアナ国際空港/オランダ領側)」(飛行機が間近で見ることができることで世界的に有名)とも言われています。あまりにも飛行機に近いので危険だとも指摘されていますが、すごい写真を撮影することができるスポットですので多くの観光客が訪れています。なんでも、おすすめの撮影時間帯は、飛行機の離着陸数が多いハイ・シーズンの午前06:00~09:00だそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング







テーマ : タイ・プーケット
ジャンル : 海外情報

プーケットの海に全長3mの「ワニ(クロコダイル)」が出現!

プーケットのバーンタオ・ビーチに全長3mのワニ(クロコダイル)が出現


 プーケットのバーンタオ・ビーチに、全長3mのワニ(クロコダイル)が出現したそうです。最初に発見されたのは8月25日頃のようです。ワニは淡水性なので、すぐに海からは姿を消すだろうと言われていますが・・・。バーンタオ・ビーチといえば、高級リゾート・ホテルが建ち並ぶエリアです。かなり怖いですよね。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング





テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

「カツオノエボシ」出現で、プーケットとクラビーの一部で遊泳禁止

「カツオノエボシ」出現で、プーケットとクラビーの一部で遊泳禁止


 カツオノエボシが出現し、プーケットとクラビーの一部で遊泳が禁止になっているとのことです。カツオノエボシはクラゲのようですが、正確にはクラゲではないそうです。青い色を帯びて、烏帽子(エボシ)のような形をしているのが特徴です。しかし、猛毒を持っており、刺されると最悪の場合死に至るそうです。日本にも現れますので、名前を聞いたことがある方もいると思います。今、プーケットの海はオフ・シーズンですが、ちょっと怖いですね。


にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ・プーケット
ジャンル : 海外情報

【お得】UBERが、パトン・ビーチ=プーケット・タウン間を100バーツで

【お得】UBERが、パトン・ビーチ=プーケット・タウン間を100バーツで


 タクシー配車(呼び出し)サービスを提供しているUBERが、パトン・ビーチ=プーケット・タウン間を料金100バーツで、というサービスを始めました。期間は、1月20日~2月3日。申し込みは全てUBERのアプリからで、プロモーション・コートは不要とのこと。
乗車場所と降車場所に指定範囲があります。それに関しては、ブログ内に「(プーケット・タウンから乗る場合)The ride must begin AND end in PATONG」「(パトン・ビーチから乗る場合)The ride must begin AND end in PHUKET TOWN」と説明されています。具体的に、はどこから乗車可能でどこで降車可能なのか確認の必要がありそうです(特に、行政上「パトン・ビーチ」というエリアは明確には決まっていませんので)。また、例として「Sample trip: Central Festival Mall to Royal Phuket City Hotel」「Sample trip: Holiday Inn Express to Holiday Inn Resort」となっています。金額的には、利用価値はかなり高いですね。また、料金は一台に付きで、何人乗っても可と明記されています(ただし、乗降はいずれも一回限り)。

◆UBER

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・プーケット
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua


 Nongbuaを中心に、Asia Networkのメンバーで執筆しています。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
Amazon (AD)
カテゴリ
AD by AdMax
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
お得な航空券の予約(AD)
twitter
ランキング
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ