FC2ブログ

ほとんどの人が知らない「ウタイタニー県」訪問記を始めます/「ウタイタニー県」訪問記 1

ほとんどの人が知らない「ウタイタニー県」訪問記を始めます
「ウタイタニー県」訪問記 1


20141201.jpg
ウタイタニー県発行のパンフレット類


 「ウタイタニー県訪問記」を不連続で始めます。前回の「ロケット祭り取材記」が終わっていないのですが、中断してこちらを先にさせていただきます。

 私が最初に「ウタイタニー」に注目したのは、もう何年も前のことでした。タイの書店で、ウタイタニーの写真集に出会った時のことです。とてもきれいな写真で、いつかウタイタニーへ行ってみたいと思ったのです。しかし、行く機会はありませんでした。そして数年前、タイの旅行雑誌でウタイタニーの特集をやっていたのです。それを見て、再び行きたいと思いました。ですが、やはり行く機会がありませんでした。そして、今年(2014年)のことです。ウタイタニーの観光誘致用のショート・ムービー「デスティニー・ダイアリー(Destiny Diary)」の記者会見が、日本で行われたのです。その記者会見があったこと自体は全く知らなかったのですが、後日その作品を観てまたも行きたくなったのです。
 ウタイタニーには大きな川が流れています。ですので、ローイクラトンの時に行くことにしました。ちょっと心配だったのは、今年のローイクラトンは11月6日と早いので、まだ雨季が明けないかもしれないということです。行きたい候補地は県全体に散らばっており、山も多いので雨に降られるときついですからね。
 いろいろとウタイタニーについて調べたのですが、情報がほとんどありません。特に日本語と英語のものは、詳しい情報は皆無と言っていいほどです。もちろん、旅行ガイド・ブック「lonely planet」にも載っていません。ですが、かなり時間がかかったもののインターネットで情報をかき集め、行く候補地を絞りました。
最大の問題は、その候補地へ行くまでの交通機関がほとんど分からないことです。特に郊外の候補地に関しては、すべての情報源が自家用車で行くことを前提としているのです。そしてわずかな情報によると、(ムアン・)ウタイタニーの町は県庁所在地であるにもかかわらずかなりの田舎らしいのです。インターネットで調べましたが、旅行会社も見当たりません。おそらく郊外の候補地は町中にはないので、どうしても何かをチャーターしなければいけないと思われました。そこで、かなりの苦戦が予想されたので、通訳の助っ人を連れて行くことにしました。タイ人の友人です。

 ウタイタニーへ行って分かったのですが、ウタイタニー県はかなり観光客誘致に力を入れています。県が、いろいろな観光地紹介の出版物を発行しているのです。地図、パンフレット、小冊子、そして300ページにも及ぶ本までありました。中には、日本語(ちょっと変な日本語でしたが)、英語、タイ語併記のパンフレットまでありました。ここまで県が力を入れているのに、問題なのはそれらのものが県外にいる一般の人の手に届かないことです。日本のTAT(タイ国政府観光庁)でも、バンコクのTATでも手に入らないと思います。
 では、次回から、そんなウタイタニー県訪問記を始めさせていただきます。

[ 参 考 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

ショート・ムービー「デスティニー・ダイアリー」


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua


 Nongbuaを中心に、Asia Networkのメンバーで執筆しています。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
Amazon (AD)
カテゴリ
AD by AdMax
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
お得な航空券の予約(AD)
twitter
ランキング
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ