タイのジャンヌダルク「ターオ・スラナリー」の歌

タイのジャンヌダルク「ターオ・スラナリー」の歌


WA42007-417.jpg   D92013-N58-149.jpg
写真: ターオ・スラナリー像


 タイのジャンヌダルクと言われている「ターオ・スラナリー」を扱った歌です。古いもののようですが、こんな歌があったのですね。ターオ・スラナリーは、タイ歴史上の三大女傑(他は、シースリヨータイ王妃、ターオ・テープカサットリーとターオ・シースントーン姉妹)の内の一人です。ナコーンラーチャシマー県では、様々な場所に祀られている救国の英雄です。
 彼女は1826年にビエンチャン軍がバンコクに攻め入ろうとナコーンラーチャシーマーを通過した際、国主がバンコクに行っていて不在でした。その時、副領主の妻であった彼女が、計略(ビエンチャン軍に、歓待すると目的と見せかけ酒を飲ませて酔わせました)によってビエンチャン軍を敗走させたのです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

「ターオ・スラナリー(ท้าวสุรนารี)」
Sung by LOSO


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

タイでは大人気、悲劇の王妃「スリヨータイ(シースリヨータイ)」

タイでは大人気
悲劇の王妃「スリヨータイ(シースリヨータイ)」


D42010-N62-139.jpg   D42010-N65-051.jpg

D42010-N09-744.jpg   D42010-N09-732.jpg
左: スリヨータイ・チェディー(アユタヤー/プラナコーン・シー・アユタヤー県)


 シースリヨータイ王妃(Somdet Phra Sisuriyothai/สมเด็จพระศรีสุริโยทัย)。一般に、「スリヨータイ王妃」といわれています。アユタヤー王朝第16代の王チャクラパット(マハーチャクラパット/在位1548~64年、1569年)の王妃です。王との間には、王子と王女の四人をもうけています。チャクラパット王が率いるシャム軍は、領土に侵入してきたバインナウン王のビルマ軍とスパンブリーで対決しました。しかし、勢いに押されアユタヤーへと退くことになります。そしてルムプリー平野で戦火を交えた際、シースリヨータイは男装をして二人の王子と共に象にまたがり出陣しました。チャクラパット王が敵にやられそうになり、王妃は王を助けるために敵兵との間に割って入りましたがやられてしまい、象の上で命を落としてしまいます(ビルマのプレー国の王の鎌によって斬られました)。
 タイでは悲劇の英雄としてとても有名ですが(日本の細川ガラシャのように)、実は実在の人物かどうかは定かでありません。その理由として、1.当時、女性が戦闘に参加することはなかった。 2.当時、女性が象に乗ることはなかった。 3.彼女の存在を証明するシースリヨータイ王妃の時代の資料はなく、彼女の名前が出てくるのはずっと後世になってから。 などが挙げられます。彼女が戦闘で王を助けたというエピソードだけではなく、シースリヨータイという名の王妃がいたかどうかも定かではありません。しかし、タイではとても人気のある悲劇の王妃です。アユタヤーにあるスリヨータイ・チェディーは、「アユタヤー年代記」によるとスリヨータイ王妃の遺骨を納めるために建立されたとのことですが定かではありません。

[参考] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

この方が、次のタイ国王ラマ10世になる予定の方です

この方が、次のタイ国王ラマ10世になる予定の方です


D92013-N65-T057.jpg



 この方が、次のタイ国王ラマ10世になる予定の方です。ラマ9世の長男で、ワチラーロンコーン王子(H.R.H. Crown Prince Maha Vajiralongkorn)、今年61歳になられます。この写真は、先月のタイ国際航空の機内誌「Sawasdee」の表紙を飾ったものです。
 王室の方々がマスコミに登場することはとても多いのです。しかし、王子だけはほとんど姿を現しませんでしたので、この写真を見てちょっと驚きました。なぜ登場しないかったのかって?興味がある方は、ご自分で調べてくださいね。今後のことを見据えて王室も動き出したのでしょうか?と思ったら、後でわかったのですが、7月はプリンスの誕生日だったのですね。顔は、お父様に似ていますよね。
 現国王のラマ9世には、一男三女の四人のお子さんがいます。長女のウボンラット王女(もう王女ではない?)が外国人と結婚してしまったために王位継承権がないのは知っていたのですが、三女のチュラポーン王女(もう王女ではない?)も王族以外と結婚されたので王位継承権がなかったのですね。知りませんでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

 

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
HotelTravel .com (AD)
タイのホテル予約には定評があります。
都市・地域
到着日
出発日
客室数:
子供
大人
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
AD by Google
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ