パタヤー=フアヒン間のフェリーが、1月31日まで無料に

パタヤー=フアヒン間のフェリーが、1月31日まで無料に


 パタヤー=フアヒン間に就航したフェリーの無料運航期間が、1月31日まで伸びるそうです。ただし、不定期運航らしいですが。これは、タイ南部を襲った悪天候のためとのこと。正式運航は、2月1日からとのことです。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

パタヤーとフアヒンを結ぶフェリーが、1月1~15日の間無料に

パタヤーとフアヒンを結ぶフェリーが、1月1~15日の間無料に




 新規就航したパタヤーとフアヒンを結ぶフェリーが、1月1~15日の間無料で運航されます。外国人でも無料で乗れるとのことです。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

パタヤーを歩くとオ○マさんがいっぱい、という動画/知ってはいますが、改めて観ると・・・

パタヤーを歩くとオ○マさんがいっぱい、という動画
知ってはいますが、改めて観ると・・・


A foreigner made a #video of himself strolling to a beach in #Pattaya,#Thailand.He wrote: "Up early and out for a nice...

Posted by BangkokPost on 2016年1月27日


 パタヤーを歩いた時の動画を、「Bangkok Post」が取り上げていました。こういう場所だということは知っていますが、こうやって改めて動画で観ると感慨深い?ものがありますね。オ○マさんがいっぱいで。
 パタヤーを普通のビーチ・リゾートだと思って奥さんや子供、ガール・フレンドを連れて行くと、とんでもない目に合うかもしれませんので気を付けてくださいね。

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー


にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

パタヤーにもあるぞ、水上マーケット/「パタヤー水上マーケット」

パタヤーにもあるぞ、水上マーケット
「パタヤー水上マーケット」


D32009-N05-077.jpg   D32009-N53-093.jpg

D32009-N53-078.jpg   D32009-N53-045.jpg


 2008年11月にパタヤーのチョームティアン・ビーチ(ジョムティエン・ビーチ)近郊にオープンした観光用の水上マーケットです。約10万㎡もの広大な敷地を持ち、タイの各地方(中央部、北部、東北部、南部)に見立てられた4つのエリアから構成されています。土産物店やレストラン、マッサージ店など110のさまざまなショップがそろっており、毎日、タイ伝統舞踊、水上ボクシングなどのショーも行われています。マーケット内には運河が張り巡らされており「物を販売する小舟が行き来している」と言いたいところですが、晴れた日は暑いので小舟は木陰に隠れたままで・・・。
 パタヤー・ビーチからは少々離れていてやや不便な場所にありますが、ショッピングをしたり、タイ料理を堪能したり、ショーを見たりと異国情緒を楽しむことができます。乾季の昼間はかなり日差しが強いので注意が必要です。現地旅行会社による「パタヤー水上マーケット・ツアー」は催行されていないみたいなので、自力で行くしかないですね。帰りは水上マーケットの入り口にソンテオ乗り場があるので、これを利用すれば料金は少々高めですが便利です。

⇒タイランド・ライブラリー

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
HotelTravel .com (AD)
タイのホテル予約には定評があります。
都市・地域
到着日
出発日
客室数:
子供
大人
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
AD by Google
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ