境内には、ロウソク祭り博物館がある 「ワット・シー・プラドゥー」(ウボンラーチャタニー)

境内には、ロウソク祭り博物館がある 「ワット・シー・プラドゥー」
(ウボンラーチャタニー)


D52008-N04-114.jpg   D52008-N53-130.jpg

D52008-N04-101.jpg   D52008-N53-101.jpg
右: ワット・シー・プラドゥー・ロウソク祭り博物館


 (ムアン・)ウボンラーチャタニーの中心部の東端に位置する寺院です。ワット・シー・プラドゥー・ソーンタム(Wat Si Pradu Song Tham/วัดศรีประดู่ทรงธรรม)ともよばれています。ウィハーン?は、近代的な感じの珍しい様式のものでした。境内には、「ワット・シー・プラドゥー・ロウソク祭り博物館(Wat Sri Pradu Thian Phansa Museum)」もあります。

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

池の中にある大経蔵が有名な「ワット・トゥン・シー・ムアン」(ウボンラーチャタニー)

池の中にある大経蔵が有名な「ワット・トゥン・シー・ムアン」
(ウボンラーチャタニー)


D52008-N54-071.jpg   D52008-N55-061.jpg
左: 寺院内   右: 大経蔵内部

D52008-N54-055.jpg   D52008-N04-134.jpg
左右: 大経蔵


 (ムアン・)ウボンラーチャタニーの町の中心部に位置する名刹です。ここは、池の中に木造の大蔵経堂(ホー・トライ/Haw Trai)がいい状態で残っていることで有名な寺院です。シロアリやネズミからの被害を避けるために、池の中に建てられているのだそうです。
 本堂には仏足石があり、壁面には200年前に製作された仏陀の前世の物語である本生経とイサーン(タイ東北部)の人々の生活の様子を描いた壁画が残っています。観光的にはごく普通の寺院ですが、経蔵の中へ入ることができる寺院は多くないです。行きやすい場所ですから、ウボンラーチャタニーを訪れたら寄ってみてもいいのではないでしょうか?

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

多くの信仰を集める歴史ある寺院「ワット・マハー・ワナラーム 」(ウボンラーチャタニー)

多くの信仰を集める歴史ある寺院
「ワット・マハー・ワナラーム 」
(ウボンラーチャタニー)


D52008-N53-269.jpg   D52008-N53-214.jpg

D52008-N53-236.jpg   D52008-N53-264.jpg


 ムアン・ウボンラーチャタニーの中心部、サッパシット通りに位置する歴史ある寺院です。以前の名前を「Wat Luang Mani Choti Sisawat」といい、その後「ワット・パー・ヤイ(Wat Pa Yai)」、そして現在の名前に変わりました。プラ・チャオ・ヤイ・インドラ・プレーンという仏像が、多くの信仰を集めています。

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

ウボンの歴史や生活関連を展示している小さな博物館「ウボン国立博物館」

ウボンの歴史や生活関連を展示している小さな博物館
「ウボン国立博物館」
(ウボンラーチャタニー)


D52008-N08-003.jpg   D52008-N08-044.jpg

D52008-N59-088.jpg   D52008-N08-010.jpg


 公式には、1973年にオープンした国立博物館(ウボンラーチャタニー国立博物館Ubon National Museum/Ubon Rachathani National Museum)です。トゥン・シー・ムアン公園の南側に位置しています。この建物は、1918年に建てられた元市役所を流用したもの。ウボンラーチャタニーの歴史や生活に関するもを中心に展示されています。

[ 詳 細 ] タイ映画ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

町の中心部にある賑やかな食事屋台街/ウボン「ラーチャブット通り」

町の中心部にある賑やかな食事屋台街
「ラーチャブット通り」
(ウボンラーチャタニー)


D52008-N58-249.jpg   D52008-N58-251.jpg

D52008-N58-250.jpg   D52008-N58-246.jpg


 イサーン(東北部)を代表する大都市、ウボンラーチャタニーにも大きな食事の屋台街があります。トゥン・シー・ムアン公園の南側で、ラーチャブット通りとクアンタニー通りの交差する場所にあります。営業は、夕方頃から始まります。夕食時間帯には、勤め人や家族連れで大賑わいとなります。

[詳細] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

こんな細長い本堂のある寺院を見たのは初めて「ワット・ルアン」

こんな細長い本堂のある寺院を見たのは初めて
「ワット・ルアン」
(ウボンラーチャタニー)


D52008-N58-151.jpg   D52008-N07-054.jpg

D52008-N58-156.jpg   D52008-N58-161.jpg


 こんな細長い本堂のあるタイの寺院を見たのは初めてですね。ウボンラーチャタニーの町の中心部、ムーン川沿いに位置する寺院で、本堂は細くて高いのっぽな形状をしています。

⇒タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

タイでも熱気球はあるのですよ

タイでも熱気球はあるのですよ


D52008-N55-105.jpg   D52008-N56-015.jpg

D52008-N56-030.jpg   D52008-N56-036.jpg


 エジプトで、熱気球による悲しい事故が起こってしまいましたね。アジアではカンボジアのアンコール・ワットにある熱気球は有名ですが、タイにも熱気球はあるのですよ。常設のものではありませんが、ウボンラーチャタニーのろうそく祭りで見たことがあります。その他の地域では、見たことはありません。遺跡の多いアユタヤーとかスコータイで、常設の熱気球観光をやってもいい気がするのですが。ただ、風によって着陸位置をコントロールしにくいという話もありますので、居住エリアの中に遺跡があるタイでは無理なのかもしれません。ちなみに、アンコール・ワットの熱気球は、その場で上にあがるだけで移動はしません。
 エジプトで事故に遭われた方々のご冥福をお祈りいたします。
⇒タイランド・ライブラリー

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

巨大な白亜の仏塔がある寺院(ウボンラーチャタニー)

巨大な白亜の仏塔がある寺院
「ワット・ノーン・ブア/Wat Nong Bua」
(ウボンラーチャタニー)


D52008-N04-140.jpg   D52008-N04-194.jpg

D52008-N04-144.jpg   D52008-N04-150.jpg


 ウボンラーチャタニーの町の中心部からやや離れた場所に位置しています。インドのブッダガヤにあるマハーボディー寺院の仏塔を模した、白色の大仏塔がある寺院です。仏塔は四角錐の形状をしており、高さ56m、塔の乗っている基壇は一辺が17mもあります。この塔は、仏陀入滅2500年を記念して1956年に建てられたものです。塔の壁面には、全面に仏教説話に関する彫刻が施されていてとてもみごとですよ。チェンマイにあるワット・チェット・ヨートもマハーボディー寺院の仏塔を模したといわれています。町の中心部からは少々離れていますが、一見の価値がある寺院です。ウボンラーチャタニーで最大の観光ポイントといえますね。

⇒タイランド・ライブラリー

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

町の中心にある広大な公園(ウボンラーチャタニー)

町の中心にある広大な公園
「トゥン・シー・ムアン公園」
<ウボンラーチャタニー>


D52008-N58-242.jpg   D52008-N59-107.jpg

D52008-N03-067.jpg   D52008-N03-059.jpg


 トゥン・シー・ムアン公園(Thung Sri Muang Park)は、ウボンラーチャタニーの町の中心部にある巨大な公園です。敷地内にウボン国立博物館もあります。有名なろうそく祭り(キャンドル・フェスティバル)の時には、この公園周辺がメイン会場となります。

⇒タイランド・ライブラリー

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

かなりの高さがある高床式の経蔵がすごい

かなりの高さがある高床式の経蔵がすごい
ワット・ブーラパー/Wat Burapa
<ウボンラーチャタニー>


D52008-N53-079.jpg   D52008-N04-058.jpg


D52008-N04-033.jpg   D52008-N04-040.jpg
左右: 経蔵


 イサーンのウボンラーチャタニーにある寺院です。別名ワット・ブーラパーラームといいます。ここは一見普通の寺院のように見えますが、境内の奥にかなりの高さがある高床式の経蔵があるのが特徴です。木製の足がある経蔵で、ここまで高さがあるものは見たことがありません。

⇒タイランド・ライブラリー

◆Wat Burapa

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
AD by Google
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ