FC2ブログ

ここ、行ってみたいな、巨大な仏塔がある「ワット・プラプラトーン・チェディー」(ナコーンパトム県)

ここ、行ってみたいな
巨大な仏塔がある「ワット・プラプラトーン・チェディー」
(ナコーンパトム県)


 ここ、行ってみたいですね。こんな大きな仏塔があるとは知りませんでした。巨大な古い仏塔がある、ナコーンパトム県の「ワット・プラプラトーン・チェディー」です。あの有名な、世界で一番高いとされる同じくナコーンパトム県にある「ワット プラパトムチェディ」とは違います。ここは仏塔以外に、特筆するべきものはほとんどないようなのですが・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

ตำนานแสนเศร้า "พระปฐมเจดีย์" และ "พระประโทนเจดีย์" | LINEกนก | 10 พ.ย. 62 | NationTV22


"จุลประโทนเจดีย์" อีกหนึ่งเครื่องยืนยันความเป็นเมืองโบราณ | LINEกนก | 10 พ.ย. 62 | NationTV22


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

食事関係の店が楽しい水上マーケット/「ラムパヤー水上マーケット」

食事関係の店が楽しい水上マーケット
「ラムパヤー水上マーケット」
(ナコーンパトム県)


D62008-N07-076.jpg   D62008-N07-039.jpg

D62008-N07-071.jpg   D62008-M01-074.jpg


 ワット・ラムパヤーの境内にある水上マーケットです。船で物を売りに来る市場ではありません。岸側には雑貨や食品販売の店、ナコンチャイシー川沿いに約200mにわたり食品販売や食事関係の筏が並んでいます。中心は食事関係で、週末には大勢の人が訪れ賑やかです。外国人観光客はいないですね。冬には、スキハシコウ(鳥)の姿を見ることもできます。ボートでの運河ツアーも楽しめます。

⇒タイランド・ライブラリー

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

「フクロウ・アート博物館」なんてあったのですね

「フクロウ・アート博物館」なんてあったのですね
(ナコーンパトム県)


「フクロウ・アート博物館」(Owl Art Museum)なんてあったのですね。ご存知でしたか?場所は、ナコーンパトム県のナコーンチャイシーです。車があれば、バンコクから簡単に行けます。2000ものフクロウ関係のアイテムが陳列されているそうです。月曜日は休館です。

(※画像をクリックすると拡大されます)


Bangkok Post
28 Mar 2013




















テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

バンコクの隣の県にある巨大な水上マーケット

気軽に食事に行く水上マーケット
ドンワーイ水上マーケット
(Don Wai Floating Market)
<ナコーンパトム>


D52008-N66-091.jpg   D52008-N66-080.jpg

D52008-N18-161.jpg   D52008-N18-129.jpg
写真右: アヒル


 バンコクの隣の県、ナコーンパトム県にある巨大な水上マーケットです。ナコーン・チャイシー川(Nakhon Chai Si River)沿い、ワット・ドンワーイの敷地内にあります。かなり大きな規模で食料品をメインに扱っているのが特徴です。バンコクの近くに位置するにもかかわらず、昔ながらの庶民生活に欠かせない市場の息吹を強く感じられますね。これぞ市場のだいご味という感じです。この市場の名物はアヒルと魚の煮込み。アヒルの有名店の前には、人だかりが絶えなません。ローカルなリバー・クルーズも催行されています。土・日曜日は、近郊から来た買い物客でごった返しとても賑やかです。

⇒タイランド・ライブラリー

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua


 Nongbuaを中心に、Asia Networkのメンバーで執筆しています。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
Amazon (AD)
カテゴリ
AD by AdMax
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
お得な航空券の予約(AD)
twitter
ランキング
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ