久し振りに、アムパワー水上マーケットへ行って驚いた

久し振りに、アムパワー水上マーケットへ行って驚いた
(アムパワー)


D52008-N66-298.jpg   D52008-N66-331.jpg

D52008-N66-344.jpg   D62008-N54-034.jpg
写真:2008年のアムパワー水上マーケットの様子


 先日、久し振りに、サムットソンクラーム県のアムパワー水上マーケットへ行って来ました。以前は「レストラン」と言えるような店はほとんどなかったのですが、きれいな飲食店が結構できていました。この地区は文化財の保護地区ですので、基本的に建物を建て替えることはできません。ですが、家屋の中を改造してきれいな店にすることは可能なのです。そのために、多くの家が、レストランやショップに生まれ変わったのです。以前は、もっとたくさんの民家があったのですが、お店関係がかなり増えていました。
 観光客が押し寄せれば、文化財の保護地区であろうと開発されてしまうのは当たり前です。開発をするなとは言えません。ですが、このアムパワーのいいところは、水辺に住む庶民の暮らしが垣間見られたことだったのですがね。すっかり、完全な観光地ぽくなってしまいました。それから、有名な運河に浮かぶ船上で調理する路上食堂の数が激減していました。以前はたくさんあったのですが、現在では数えられるほどしかありません。
 そして、最も驚いたのは、観光客が激減していたことです。今初めてここに来た人は、そのことに気付かないと思います。現在でもそれなりに多くの人が来ていますからね。ですが、数年前はこんなものではありませんでした。運河沿いの道は多くの観光客であふれ、歩くのがとても大変でした。運河を対岸へ渡るメインの橋は、あまりの混雑で渡るのに苦労したものです。それが、楽勝で渡ることができるのです。おそらく、観光客の数は、以前の1/3以下ではないでしょうか?
 どうしてこんなに減ってしまったのでしょうか? 中国人の「0(ゼロ)」ドル・ツアーが規制されたから? それとも、ブームが去り、タイ人の観光客が飽きてきたから? 定かな理由は分かりません。でも、ブームが去った感はあります。三年後には、アムパワー水上マーケットはどうなっているのでしょうか?

[ 詳 細 ] アムパワーNOW

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「変わりゆくアムパワー水上マーケット」


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

博物館もあるアムパワー水上マーケットのボート・ツアーで行く寺院「ワット・トーン・クン」(サムットソンクラーム県)

博物館もあるアムパワー水上マーケットのボート・ツアーで行く寺院
「ワット・トーン・クン」
(サムットソンクラーム県)


D62008-N53-314.jpg   D62008-N53-319.jpg

D62008-N05-174.jpg   D92017-N02-180.jpg
写真(左): 博物館内


 メークローン川沿いに位置する有名な寺院です。この寺院は、アムパワー水上マーケットからのボート・ツアーで訪れることが多いです。寺院内にある学校や鐘楼などの古い建物が魅力的で、小さな博物館もあります。ですが、多くの外国人観光客にとっては、ごく普通の寺院ですね。

[ 詳 細 ] アムパワーNOW

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

予定通り、列車が走る「かさ市場」は4月1日オープン(メークローン)

予定通り、列車が走る「かさ市場」は4月1日オープン
(メークローン)


D52008-N17-403.jpg   D32011-N03-642.jpg

D52008-N17-383.jpg   D32011-N03-585_20160323202353d16.jpg


 サムットソンクラームのTAT(タイ国政府観光庁)が、昨年の5月13日から閉鎖されていたメークローン(サムットソンクラーム)の線路沿いの列車が走るかさの市場として有名な「鉄道市場(かさ(傘)たたみ市場/死ぬ危険のある市場/Railway Market)」が予定通り4月1日に再オープンすると伝えました。
 正確には市場自体はずっと営業していたのですが、列車が全線にわたる枕木交換作業のために走っていなかったのです。タイ国鉄のメークローン線が復活しますよ。うれしいですね。

[ 参 考 ] アムパワーNOW


にほんブログ村

1 เมษายน 2559 นี้"ตลาดร่มหุบ" จะกลับมา "หุบร่ม" เหมือนเคย#สมุทรสงครามเมืองต้องห้ามพลาดหลังจากการรถไฟแห่งประเทศไทย ได...

TAT Samut Songkhramさんの投稿 2016年3月21日




テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

アムパワー水上マーケットの水が枯渇

アムパワー水上マーケットの水が枯渇
(サムットソンクラーム)


 先日、人気のバンコクから行けるアムパワー水上マーケットの運河の水が、枯渇状態になったようです。何が原因なのかは分かりませんが、今年は水不足のようなのでそれが原因なのでしょうか?かなりすごいですね。

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

"อัมพวาน้ำแห้งหนักมาก" ไม่ต้องตกใจกันนะครับ มันเป็นธรรมชาติของอัมพวาอัมพวามีน้ำขึ้นน้ำลงวันละ 2 ครั้ง ปริมาณที่ขึ้นม...

Posted by TAT Samut Songkhram on 2015年7月5日


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

久し振りに、「アムパワー」へクアイティアオ・ルアを食べに行きたい

久し振りに、「アムパワー」へクアイティアオ・ルアを食べに行きたい
(サムットソンクラーム県)


D62008-N53-196.jpg   D32011-N03-308.jpg


 最近はすっかり有名になったアムパワー。なんだか、久し振りに、「アムパワー」へクアイティアオ・ルアを食べに行きたくなってしまいました。でも、車がないと行きにくいんだよな。

[ 詳 細 ] アムパワーNOW

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

タイの古き時代の品々を展示する博物館「古き時代博物館」

タイの古き時代の品々を展示する博物館
「古き時代博物館」
(アムパワー/サムットソンクラーム県)


D52008-N19-026.jpg   D52008-N22-065.jpg
左: アムパワー運河

D52008-N22-071.jpg   D52008-N22-081.jpg


 水上マーケットで有名な、アムパワー運河沿いにある博物館だす。資料によっては「サワッディー・アムパワー博物館(พิพิธภัณฑ์สวัสดีอัมพวา)」となっているものもありますが、現地には「古き時代博物館(ピピッタパン・ムア・ワン・コーン)」と表示されています。
 館内は、昔使われていた古民具や生活用品などが雑然と並べられています。古い写真などもあって、なかなかおもしろいですよ。入場無料です。

[詳細] アムパワーNOW

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

アムパワー水上マーケットからボート・ツアーで行く「ワット・トーン・クン」

アムパワー水上マーケットからボート・ツアーで行く
「ワット・トーン・クン」
(サムットソンクラーム)


D62008-N53-314.jpg   D62008-N05-181.jpg

D62008-N05-180.jpg   D62008-N05-174.jpg


 アムパワー水上マーケットからボート・ツアーで行ける、メークローン川沿いに位置する寺院「ワット・トーン・クン(Wat Thong Khung)」です。学校や鐘楼などの古い建物が、とても興味深いです。小さな博物館もあります。

[ 詳 細 ] アムパワーNOW

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

「タイ・デザート博物館」ってご存知ですか?

「タイ・デザート博物館」ってご存知ですか?
(アムパワー/サムットソンクラーム県)


D42010-N05-479.jpg   D42010-N05-482.jpg

D42010-N05-497.jpg   D42010-N05-488.jpg


 「タイ・デザート博物館(Thai Desert Museum)」ってご存知ですか?サムットソンクラーム県の水上マーケットで有名なアムパワーにあります。ビルの中にあり、同じ建物の中にはTAT(タイ国政府観光庁)も入っています。小さな博物館で、タイのスイーツを模型などを使って説明して展示しています。入館料は50バーツで、内容の割には高い気がしますね。

[詳細] アムパワーNOW

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

本来の姿が色濃く残る水上マーケット/「ターカー水上マーケット」

本来の姿が色濃く残る水上マーケット
「ターカー水上マーケット」
(サムットソンクラーム)


D62008-N04-027.jpg   D62008-N53-037.jpg

D62008-N53-0971.jpg   D62008-N53-012.jpg


 とても貴重な、昔ながらの本来の姿が残っている水上マーケットといえますね。現在では観光資源としても利用されていますが、本質は庶民のための市場です。そのために、行くにあたり一番問題なのは、開催日がわかりにくいことなのです。開催日は、5日ごとの特定日(毎月5,10,15,20,25日のような五等日ではありません。正確には、陰暦の上・下弦月の第2、7、12日の月6回です)となっています。時間は、8:00~11:30頃です。管轄ののTATなどに聞けばすぐにわかるのですが、タイ語が話せないと聞きにくいという問題があります。開催日以外は何もなく、ただ小さな運河とヤシ園があるのみなのです。
 取り扱われている商品は野菜、果物などの生鮮食料品が中心で、価格はかなり安いです。ローカル価格ですね。とてものどかな雰囲気で、周囲にはヤシ園が広がっています。宿泊施設はホームステーがありますが、市場開催に関係ない日は開いていないようでした。砂糖椰子の製造所へ行くボート・ツアーも人気です。ボートをチャーターすれば、アムパワー水上マーケットからでも来ることができますよ。

⇒タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

メークローン駅からアムパワー水上マーケットへ行くローカル・バス

メークローン駅から
アムパワー水上マーケットへ行くローカル・バス
(サムットソンクラーム)


D32011-N56-118.jpg   D32011-N57-111.jpg
左右: メークローン駅からアムパワー水上マーケットへ行くローカル・バス

D32011-N03-218.jpg   D32011-N57-113.jpg
左: アムパワー水上マーケット   右: バス停


 今回は、メークローン駅からアムパワー水上マーケットへ行く時に乗るローカル・バスの紹介です。メークローン駅からアムパワー水上マーケットへの行き方はいくつかありますが、ローカル・バスを利用するのもいいものです。本数の多い青い色をした(小型のバスです)メークローン始発の「ラーチャブリー(ราชบุรี)行き」(車体番号は333です)はいかがでしょうか?ダムヌーンサドゥアク行きの長距離バスを利用してもいいのですが、このバスはアムパワー水上マーケット入り口までは行かないので降りてから少々歩くことになります。ローカル・バスなら、水上マーケットの入り口まで行きますので便利ですよ。写真右下は、アムパワー水上マーケット入り口にあるバス停です。「バス停 333路線」と書かれています。メークローン行きもラーチャブリー行きも333路線ですので、帰りは反対方向に乗らないように注意してくださいね。

⇒アムパワーNOW

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ