ついに、バンコクの高速バス・システムBRTが4月末で廃止に

ついに、バンコクの高速バス・システムBRTが4月末で廃止に


D22011-N74-119_20170207103213034.jpg   D22011-N74-142.jpg

D22011-N12-099.jpg   D22011-N12-074_20170207103210f94.jpg


 バンコクの高速バス・システムBRTが、4月末で廃止になることが発表されました。このシステムは、2010年5月29日に運行を開始したもので、専用レーンを使用した渋滞知らずの高速バス・システムという触れ込みでした。BTSチョンノンシー駅からチャオプラャー川を越えたトンブリー地区のラーチャプルックまでの全線約16km、12駅があります。基本的には一般道の一部分を専用レーンとして使用していますが、一部区間では一般車両と同じ場所を走ることになります。BTS(スカイ・トレイン)と同じくBangkok Mass Transit System Public Company Limitedが運営しています。
 このシステムは利用者が少ないことが問題視されていましたが、ついに廃止されることになりました。利用客は、一日に付き25,000人だったとのことです。路線の周囲に観光ポイントがないことから、外国人観光客が利用する機会も少なかったです。最後にもう一度乗ってみたい気もしますが、路線の周囲にこれと言って行きたい場所がないのですよね。蛇足ですが、久し振りにBRTの公式ホームページを見てみると、悪質サイトに変わっていました。

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

知らなかった、チャオプラヤー川の渡し船内にアート動画スペースが(バンコク)

知らなかった、チャオプラヤー川の渡し船内にアート動画スペースが
(バンコク)


D62009-N54-137.jpg   D62009-N54-124.jpg

D62009-N57-141.jpg   D62009-N04-053.jpg


 知りませんでした。バンコクを流れるチャオプラヤー川の渡し船内に、2014年以来アート動画スペースが設置されていたのですね。路線は、ター・ティアン(ティアン船着場)とワット・アルンを結ぶ線です。最近乗りましたが気が付きませんでしたので、おそらく全部の船というわけではないのではないでしょうか?

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー


にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

パドゥンクルンカセーム運河ボートのテスト運航開始、料金は無料(バンコク)

パドゥンクルンカセーム運河ボートのテスト運航開始、料金は無料(バンコク)


 4日(月)に、バンコクのパドゥンクルンカセーム運河ボートのテスト運航が開始されました。このボートが運航されたのは、フアラムポーン駅とチャオプラヤー川のテーウェート船着場(Thewet Pier)を結ぶ約5kmです。
 運航時刻は、平日が06:00~09:00と16:00~20;00。ウイークエンドが08:00~20:00です。また、料金は、テスト運航中は無料となっています。


にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

バンコクのバイク・タクシーのベストに顔写真入りのライセンスが

バンコクのバイク・タクシーのベストに顔写真入りのライセンスが


D22016-M02-018.jpg   D22016-N01-288T.jpg


 バンコクを走るバイク・タクシーのベストが変わっていました。ベストの背中の部分に、顔写真入りのライセンスがはめ込まれていました。どんなベストでもいいですから、バンコク都?がちゃんと管理できるようになれば、利用者としては文句ありませんがね。

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー


にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

バンコクを走るトゥクトゥクの客席の横に網が張られている

バンコクを走るトゥクトゥクの客席の横に網が張られている


D22016-N01-558.jpg   D22016-N01-088.jpg

D22016-N01-298.jpg   D82013-N57-170.jpg
右: 網のないトゥクトゥクなら、こういうこともできます(ソンクラーン)


 2月にバンコクへ行って気付いたのですが、トゥクトゥクの客席の横に網が張られていますね。片側だけの車両もあれば、両側のものもあります。普段はスクムウィット通りを中心に活動することが多いので、トゥクトゥクを利用する機会はほとんどありません。ですが、ヤオワラート(中華街)とかエメラルド寺院(ワット・プラケーオ)周辺では、トゥクトゥクが活躍しています。
 この網なのですが、事故防止用のものかと思ったらそうではないらしいです。ひったくり防止用のもののようです。二人乗りのバイクが近付いてきて、トゥクトゥクの乗客の荷物をひったくるというやつです。この手の犯罪は、一時、かなり話題になっていましたからね。

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー


にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

グラブ(Grab)のバイク・タクシー・サービスが営業禁止に(バンコク)

グラブ(Grab)のバイク・タクシー・サービスが営業禁止に
(バンコク)


 最近人気急上昇中のアプリによる配車サービスですが、バイク・タクシー配車サービスの「グラブバイク(GrabBike)」が営業中止の命令を受けました。なんでも、バイク・タクシーとして登録されていない一般車両を使用しているからだそうです。バイクの配車サービスは、グラブ以外にもウーバー(UBER)が行っています。

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー


にほんブログ村

Popular moto taxi app declared illegal

Khaosod Englishさんの投稿 2016年3月10日


テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

バンコクの「トゥクトゥク」を、565台新規認可へ

バンコクの「トゥクトゥク」を、565台新規認可へ


D12006-C3-007.jpg   D62009-N02-057_201512031210588cb.jpg


 観光客誘致のため、来年早々にトゥクトゥクを565台新規認可するとの発表がありました。確かに、外国人観光客にとってトゥクトゥクは魅力的な乗り物なのです。しかし、現在では、純粋な交通機関というよりもアトラクション化してしまっています。料金も、通常はタクシーよりも高いです。特に、外国人がトゥクトゥクに乗ろうとすると、かなり高い料金を吹っかけられることが多いです。それに、ちょっと悪質なドライバーも少なくないような気がします。数を増やすのもいいのですが、観光客がもっと安心して乗れるようにして欲しいですね。

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー


にほんブログ村

More tuk-tuks to hit Bangkok streets

Posted by BangkokPost on 2015年12月1日


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

ラームカムヘーン1船着場がオープン、ARL、バスにも乗り換え便利?(バンコク)

ラームカムヘーン1船着場がオープン
ARL、バスにも乗り換え便利?
(バンコク)


D22010-N03-103_2015093013434708b.jpg   D112013-N58-067.jpg

D112013-N52-102_2015093013435039a.jpg   D112013-N52-031_20150930134348b3e.jpg
写真: セーンセープ運河ボート


 セーンセープ運河ボートのラームカムヘーン1船着場(Ramkhamhaeng1 Pier)が、10月29日にオープンしました。ナサ・ベガス・ホテルのすぐ近くです。この船着場からクローンタン船着場までは50m、ARL(エアポート・レイル・リンク)のラームカムヘーン駅へは150m、最寄りのバス停留所はすぐそこという距離だそうです。
 詳細は不明ですが、どうも鉄道、バス、ボートのジョイント・チケットがあるような新聞記事等の書き方です。ですが、もしあるとしたら、ARLのチケットはトークンかカードです。バスとボートは紙ですよね。どうやって一つのチケットにするのでしょう?
この船着場ができたことにより、外国人観光客が特に便利にはならないと思いますがいいことではあります。この船着場を造った目的は、交通の緩和だそうですが。次回訪タイしたら、行ってみようと思います。

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

(※画像をクリックすると拡大されます)


Bangkok Post
30 Sep 2015




















テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

タイの「無料バスと列車」が11月1日から廃止へ

タイの「無料バスと列車」が11月1日から廃止へ


D22009-N52-129.jpg   D22009-N52-020.jpg
写真: バンコクの無料バス


 ついに、タイの無料バスと列車が、11月1日から廃止されるそうです。この無料制度は低所得者層対策として始められた制度で、これまでに期限を迎えましたがその度ごとに延長されてきました。基本的にはタイの国民用の制度でしたので、事実上、外国人観光客がその恩恵にあずかったのはバスの方だけでした。素人考えですが、この制度は膨大な費用がかかる割には効果がないのではないかという気がしていたのですが、実際にはどうだったのでしょう。
 また、身体に障害がある人、高齢者、退役軍人、月収3,632バーツ以下の低所得者は料金を半額にするらしいですが、これらの人たちをどうやって識別するのでしょうかね?

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

(※画像をクリックすると拡大されます)


Bangkok Post
25 Jul 2015




















テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

三年後、バンコクの北バス・ターミナルがランシットに移転へ

三年後、バンコクの北バス・ターミナルがランシットに移転へ


D72014-N51-101.jpg   D72014-N51-087.jpg
写真: ランシットの交差点付近


 バンコクのモーチット2バス・ターミナル(バンコク北バス・ターミナル)が、かねてからのうわさ通りランシットへ移転するとの発表がありました。移転完了は、2018年の予定だそうです。
 今の場所では、飽和状態というのが理由のようです。確かに、モーチットの設備は古いと思います。それに、首都のバス・ターミナルとしては設備に問題があり、バス乗り場にバスの行き先表示がないことは外国人にとって非常に分かりづらいです。
 しかし、ランシットという場所は、決して便利な場所だとは思いません。ランシットは、バンコク都の隣のパトゥムタニー県にあります。分かりやすく言うと、バンコク中心部からドーンムアン国際空港を通り過ぎ、さらに北上した場所にあります。
 バンコク中心部からからランシットまで新しい鉄道を通す計画のようですが、タクシーで行くと道路が空いていたとしても30分以上かかります。通勤時間帯には、1時間以上覚悟しなければなりません。
 また、現在のバス・ターミナルの跡地は、全70ライの内16.43ライを不定期バス、短距離バス、ロット・トゥーのターミナルとして使用し、残りはSRT(俗にいうタイ国鉄)の鉄道駅にするとのことです。鉄道のバンコク駅をここに移転するのだと思います。新幹線も作らなければなりませんのでね。
 予定通り2018年に移転できるかどうか分かりわかりませんが、利用者としてはどうも気が重いです。どうでもいいことですが、現在のランシットのバス・ターミナルは、多くの長距離バスやロット・トゥーが停車するランシットの交差点(フューチャー・パークの前)ではなく、もっと北にあります。

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

(※画像をクリックすると拡大されます)


Bangkok Post
8 Jul 2015




















テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
AD by Google
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ