アユタヤーの人気ゲスト・ハウス「トニーズ・プレイス」

アユタヤーの人気ゲスト・ハウス「トニーズ・プレイス」


D42010-N08-055.jpg   D42010-N09-032.jpg

D42010-N08-778.jpg   D42010-N08-022.jpg


 チャオプロム市場にほど近い、ゲストハウスが集まる通りに位置しています。特に西洋人観光客にとても人気があるゲストハウスで、予約なしでは泊まれないことが多いので注意が必要です。メイン棟と別館があり、メイン棟は木造の歴史ある中国系の商館を利用したものと思われ、とても趣があります。そのため、部屋の内容は統一されておらずそれぞれ違ったものになっています。英語が通じるのも人気の秘密で、インターネット(Wi-fi)も館内(事実上レストラン内のみ)無料というのもうれしいですね。
 レストランも人気があり夜も多くの観光客が利用していますが、量は多いものの味はどの料理も・・・という気がします。立地がいいので観光には便利ですが、予約メールを送っても返事が来ないという報告が多いのが気になります。

◆Agoda

[ 詳 細 ] タイ=ホテル・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

個人旅行でアユタヤーに泊まるならここで決まり/「アヨタヤ・ホテル」

個人旅行でアユタヤーに泊まるならここで決まり
「アヨタヤ・ホテル」


D22011-N10-305.jpg   D22011-N61-039.jpg

D22011-N04-027.jpg   D22011-N04-038.jpg
左右: スーペリア・ルーム


 とにかく、アユタヤー島内の中心部であるチャオプロム市場の目の前にあるので、何をするにもとても便利なホテルです。近くにはコンビニエンス・ストアや食堂、各種ショップなどがたくさんあります。また、トゥクトゥクやバイク・タクシーなども捕まえやすいですね。バンコク方面へのバス・ターミナル、ロット・トゥー乗り場も近くにあります。
 スタンダード・ルームの料金はかなり安いですが、本館の裏にある駐車場の敷地内にあり内容はゲストハウス級です。ホテル級の設備を希望するなら、スーペリア・ルーム以上のクラスを利用しましょう。

⇒タイ=ホテル・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

アユタヤーの寝床だけでいいのなら安くて大変便利な立地のG.H.

アユタヤーの寝床だけでいいのなら
安くて大変便利な立地のG.H.
「アユタヤ・ゲストハウス(Ayuthaya Guest House)」


D12011-N58-061.jpg   D12011-N02-002.jpg

D12011-N02-393.jpg   D12011-N02-404.jpg


 アユタヤー島の中心部、チャオプロム市場のすぐ近くにあるゲストハウス街という大変便利なロケーションにあります。目立つ場所にあるので、ウォーク・インで入ってくる客も多いようですね。このゲストハウスを悪く言う人もいるようです。たとえば150Bという安い個室(Fan、シャワー共同)の部屋がありますが、この部屋は壁が薄く外部の音がかなり聞こえてきます。ですが、金額から考えれば問題ないといえるのではないでしょうか?金額なりの内容ということですね。
 立地条件がいいので、泊まるだけでいいのなら利用価値は大きいと思いますよ。少々応対がぶっきらぼうですが、接客内容に問題はないと思います。

⇒タイ=ホテル・ライブラリー

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

このお寺にも涅槃仏があります「ワット・プッタイサワン」

このお寺にも涅槃仏があります「ワット・プッタイサワン」
(アユタヤー)


D12010-N01-687.jpg   D12010-N01-607.jpg

D12010-N01-669.jpg   D12010-N01-626.jpg


 アユタヤーの島外、チャオプラヤー川の河岸に位置する由緒ある寺院です。今回の洪水騒ぎでどうなっているのでしょうか?定かではありませんが、伝説ではアユタヤー朝を開いたウートーン王の宮殿がこの地にあったとされています。王は都を島内に造り上げる前の三年間この地に居住し、後にここに寺院を建立したと伝えられています。
 遺跡は寺院の奥に位置しています。遺跡部分は、92×192mの塀で囲まれており、その中には白い主塔とつながっている54×74mの回廊があります。初期アユタヤー時代のプラーン(仏塔)や涅槃仏があり、「ボート・マハーウット」という珍しい窓のないお堂も残ってます。

⇒アユタヤーNOW

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

アユタヤー遺跡の状況

アユタヤー遺跡の状況


D12010-N01-492.jpg   D12010-N01-494.jpg

D12010-N01-498.jpg   D12010-N01-507.jpg
写真: ワット・チャイ・ワッタナーラーム(洪水前)


 洪水で大被害を受けたアユタヤー。昨日の朝日新聞によると、アユタヤー島内にあるワット・プラ・シー・サンペットでは既に水が引いているということです。しかし、チャオプラヤー川沿いにあるワット・チャイワッタナーラームは、まだ1~3mの冠水があるようです。この遺跡は、今回の日本の洪水報道でよく出てくる遺跡です。
 また、同新聞によると、多くの遺跡の傾きが洪水前よりひどくなっているとのこと。これについてはよくわかりませんが、さもありなんという感じですね。いずれにせよ、水が引かないと修復はおろか調査もできません。20日からタイへ取材に行ってきますが、時間がないのでアユタヤーまで行けますかどうか。

⇒アユタヤーNOW

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

川沿いのアンティークな宿(アユタヤー)

ラマ6世時代の建物を利用したゲストハウス


D42010-N09-320.jpg   D42010-N10-023.jpg
左: 室内   右: テラス

D42010-N09-350.jpg   D42010-N10-048.jpg
左: 鉄製のアイロン   右: フロントのイス


 鉄道のアユタヤー駅とパーサック川を隔てた対岸近くに、ラマ6世時代の建物を利用して営業しているアンティークなゲストハウスがある。ラマ6世の時代ということは、今から約100年前の建物ということになる。室内だけでなく、館内にはアンティークなものがいろいろと展示されていて面白い。鉄製のアイロンや今は見かけなくなったタイプライターなどなど。古い写真も展示されている。フロントのイスがまた年代物で、あれはもしかしたら床屋で使っていたものであろうか?
 宿にはテラスもあって日の出を拝むこともできる。また、1Fのタイ料理レストランは川の景色を眺めながら楽しめることで有名だ。歴史の町アユタヤーで、昔に思いをはせながらクラッシックな宿に泊まるのもいいのではないだろうか?

⇒Baan Kun Pra

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

アユタヤーにプールがあるゲストハウス発見

アユタヤーのプールがあるゲストハウスSherwood House Guesthouse


D12011-N59-011.jpg   D12011-N59-008.jpg
左: ゲストハウス外観     右:スイミング・プール


 世界遺産の町アユタヤーに、なんと、スイミング・プールがあるゲストハウスを発見した。シャーウッド・ハウス・ゲストハウス(Sherwood House Guesthouse)がそれだ。場所もワット・マハータートの近くで、多くの有名な遺跡に近い。ただその分、周りに商店などは少ないのだが。宿泊料もファンが290B~、エアコンが390B~とお手ごろだ。そして肝心のスイミング・プールは、宿泊者は無料で利用できる。写真を見てわかる通り、プールは結構広い。宿泊者でなくても、利用料を払えば利用することができる。そして、ロビーのパソコン(インターネット)利用は無料だ。ホームページからの予約も可能。ゲストハウスに泊まって、プールでくつろぐというのもいいものかもね。


⇒Sherwood House Guesthouse

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
AD by Google
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ