FC2ブログ

「カオサン・ロード」「シーロム通り」「ヤオワラート通り」が、定期的に歩行者天国に(バンコク)

「カオサン・ロード」「シーロム通り」「ヤオワラート通り」が
定期的に歩行者天国に
(バンコク)


MV132018-00631T (1)

MV132018-00631 T(2)

MV132018-00633T(1).jpg
写真(上): カオサン・ロード


 バンコク都が、「カオサン・ロード」「シーロム・ロード」「ヤオワラート通り」の三つの通りを定期的に歩行者天国にすると発表しました。シーロム・ロードは、毎月第三日曜日の正午~22:00まで。12月15日から来年の5月までテスト催行されます。ヤオワラート通りは、金・土・日曜日の19:00~深夜まで。12月13日からテスト催行されます。ただし、金・土曜日に関しては、道路の片側車線のみとのこと。カオサン・ロードは、月曜日の17:00~深夜まで。開始は12月16日から。どんな感じの歩行者天国になるのか、ちょっと楽しみですね。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

サヤーム・パラゴンで開催された「バンコク日本博2019」へ行って来ました

サヤーム・パラゴンで開催された
「バンコク日本博2019」へ行って来ました


MMV132019-S3-01423 (2)

MMV132019-S3-01417 (2)

MM11-V132019-S3-01426 (2)

MM3-V132019-S3-01429 (2)


 2019年8月30日~9月1日の間、サヤーム・パラゴン(サイアム・パラゴン/Siam Paragon)で開催された「バンコク日本博2019」(NIPPON HAKU BANGKOK 2019)へ行って来ました。「タイ最大の日本展示会」との触れ込みで行われているもので、日本の観光地・文化の紹介、日本食の紹介や日本企業への就職相談、日本への留学相談などのブースがあります。また、各種イベントも開催されました。
 行ったのが平日である初日だったのですが、残念ながら賑わっているというほど人は入っていませんでした。思ったのは、サヤーム・パラゴン内に催し物として日本博が行われているという掲示がほとんどありませんので、全く知らずにサヤーム・パラゴンに来た人が日本博の開催を知ることはないだろうということです。日本のデパートなどですと、開催している催し物は大々的に宣伝しているのですが(催し物は客寄せのためですので)、タイでは違うのでしょうか? 宣伝すれば、もっとたくさんの人が来るはずなのですがね。入場も無料ですし。

◆バンコク日本博2019

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

いつの間にか、サヤームスクエアーの「Lido(リドー)」がリニューアル・オープンしていた?(バンコク)

いつの間にか、サヤームスクエアーの「Lido」がリニューアル・オープンしていた?
<バンコク>


 知らなかったのですが、いつの間にか、サヤームスクエアーの「Lido(リドー)」がリニューアル・オープンしているようです。1968年6月27日にオープンした映画館を備えていたこのビルは、2018年5月に改修のため50年の歴史に幕を閉じクローズとなっていました。いつ再オープンしたのでしょう? 知りませんでした。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

現在、修復のため休館中の「ウィマンメーク宮殿」は永久に再オープンしない?(バンコク)

現在、修復のため休館中の「ウィマンメーク宮殿」は
永久に再オープンしない?
(バンコク)


 「カオソット(Khaosod)」紙によると、現在、修復のため休館中のバンコクにある「ウィマンメーク宮殿」は、が永久に再オープンしないかもしれないとのことです。この宮殿は、2016年7月に修復のためにクローズされました。ですが、修復が完了しても、再オープンしないかもしれないとのことなのです。かなり前のことですが、この宮殿は国立博物館とセットで入館のチケットを売っていたのですよね。実は、まだ一度も入ったことないのですが。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

マッサージ・パーラー「ナタリー」の跡地にオープン予定の新店「リトル・ダック」許可されず?

マッサージ・パーラー「ナタリー」の跡地にオープン予定の
新店「リトル・ダック」許可されず?


 2016年に閉店した(正しくは、閉店させられた)大人気だったマッサージ・パーラー「ナタリー」の跡地にオープン予定であった、新マッサージパーラー「リトル・ダック(Little Duck)」の営業許可に待ったがかかったようです。この世界には裏事情もあるのでよく分かりませんが、マッサージパーラーの営業ライセンスを持っているものの経営者が違法行為を行い閉鎖させられた「ナタリー」と同じだとか同じでないとかでもめているような…。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

昨年閉館したバンコクの「リドー劇場」は総合芸術ホールへ

昨年閉館したバンコクの「リドー劇場」は総合芸術ホールへ
<バンコク都>


MD12018-N03-362.jpg

MD12018-N03-378.jpg

D12018-Z01-156.jpg

D12018-Z01-152.jpg
写真(上): 閉館前のリドー劇場


 昨年閉館したバンコクのスクムウィット通り・サヤーム・スクエアーにあった「リドー劇場」は、総合芸術ホールへと転身するようです。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

今年も徴兵クジの季節です、徴兵回避にご利益があるお寺「ワット・マハーブット」(バンコク)

今年も徴兵クジの季節です
徴兵回避にご利益があるお寺「ワット・マハーブット」
(バンコク)


D82013-N02-009.jpg   D12010-N59-227.jpg

D82013-N54-037.jpg   D82013-N02-042.jpg


 今年も、徴兵クジの季節がやって来ました。タイでは、21歳になるとこの時期に徴兵されるかどうかの大抽選会が各地で行われます。そして、さまざまなドラマが展開されます。知らなかったのですが、徴兵回避にご利益があるというお寺があったのですね。日本でも映画が公開された、「メー・ナーク・プラカノーン」伝説の舞台となっているワット・マハープットがそうなのだとか。確かに、あの伝説でナークは、徴兵で戦争に行った夫の帰りを待っている間の出産時に亡くなってしまいました。だから、徴兵を回避するのに手助けをしてくれるだろうということらしいです。

[詳細] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

高層コンドミニアムから見下ろされる寺院「ワット・サイ(ワット・サイ・バーン・クロー)」(バンコク)

高層コンドミニアムから見下ろされる寺院
「ワット・サイ(ワット・サイ・バーン・クロー)」
(バンコク)


MD132018-N02-558.jpg

MD132018-N02-559.jpg

MD132018-N02-547.jpg

MD132018-N02-555.jpg


 バンコクの高速バス・システムBRT沿線にある寺院を巡ってみました。実は、BRTのワット・ドクマイ駅から乗る方向を間違えてしまったのです。そのために、ラマ9世橋駅で降りて引き返そうとしたのですが、近くに寺院があるのが分かり行ってみることにしたのです。
 普通の寺院なのですが、すぐ近くに高層のコンドミニアムがあります。その関係で、コンドミニアムから完全に見下ろされる形になっているのがとても印象的なのです。先ほど行ったワット・ダーンもそうだったのですが、こちらの方がはるかにインパクトが強いです。これも、バンコクならではの光景ですね。

[詳細] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「高層高級コンドミニアムを見上げる寺院」


テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

バンコクの高層ビル「マグノリアス・ラーチャダムリ・ブールバード」で光のショー開催

バンコクの高層ビル「マグノリアス・ラーチャダムリ・ブールバード」で
光のショー開催


 BTSシーロム線のラーチャダムリ駅近くにある、バンコクの高層ビル「マグノリアス・ラーチャダムリ・ブールバード」(Magnolias Ratchadamri Boulevard)でプロジェクションマッピングによる光のショーが開催されています。

◆Magnolias Ratchadamri Boulevard

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

「タークシン王宮殿」(King Taksin Palace)が二週間だけ一般公開(バンコク)

「タークシン王宮殿」(King Taksin Palace)が二週間だけ一般公開
(バンコク)


MD82013-N57-034.jpg

MD82013-N58-160.jpg
写真(上): ウィチャイ・プラシット砦


 今月、タークシン王宮殿(King Taksin Palace)(一般には、「The Old Palace」と呼ばれているそうです)が、二週間だけ一般公開されます。期間は12月28日まで。この宮殿はチャオプラヤー川沿いにあり、中には「ウィチャイ・プラシット砦」(Wichai Prasit Fort)や博物館もあります。この砦は、チャオプラヤー・エクスプレス・ボートに乗っていると、ワット・アルン(暁の寺)の隣に位置している白いやつです。

[詳細] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



「ウィチャイ・プラシット砦」


テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Nongbuaを中心に、Asia Networkのメンバーで執筆しています。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ