さすがタイ、学校の校庭に遺跡の仏塔があった「チェディー・チェン・ヤン」(ラムプーン)

さすがタイ、学校の校庭に遺跡の仏塔があった
「チェディー・チェン・ヤン」
(ラムプーン)


D72016-N02-137.jpg   D72016-N02-134.jpg

D72016-N53-100.jpg   D72016-N02-135.jpg


 タイの町中を歩いていると、時々思わぬ場所で遺跡に出会います。ラムプーン県のムアン・ラムプーンにあるチェディー・チェン・ヤン(Chiang Yan Chedi)もその一つです。有名な寺院であるワット・プラタート・ハリプンチャイ(Wat Phrathat Hariphunchai)の裏門を出てすぐの所にあるネティーウチコーン学校(โรงเรียนเนธีวุฌิกร)内の校庭に、大きな仏塔があったのです。この仏塔は、ワット・プラタート・ハリプンチャイ建設時の料理人が建立した仏塔だそうです。

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

チェンマイのワット・チェディー・ルアンと同型の仏塔がある「ワット・プラユーン」/(ラムプーン)

チェンマイのワット・チェディー・ルアンと同型の仏塔がある
「ワット・プラユーン」/(ラムプーン)


D72016-N03-081.jpg   D72016-N03-138.jpg

D72016-N55-073.jpg   D72016-N03-076.jpg


 (ムアン・)ラムプーンの城壁外に位置している寺院です。ラムプーンの町では、数少ない観光的見どころの一つと言えます。この寺院は、666年(670年という資料もある)に、プラ・ナーン・チャーマ・テウィーによって建立された「ワット・アランイカラーム/Wat Aranyikaram/วัดอรัญญิการาม」と信じられています。ですが、一部の歴史学者は、仏暦17世紀にハリプンチャイの王Amikarajが建立したものと考えています。
 1063年には、Thammigarath王がメイン・ホールの後方にある仏塔を建立しました。その中には、大きな仏像「Phra Maha Pathimagor(Phra Yuen)」が収められています。この寺院で有名なのはこの仏塔で、チェンマイのワット・チェディー・ルアンにあるものと似ているます。各面には、仏像が安置されているところも同じです。有名な寺院なのですが、境内には売店もあるものの、全体的には寂れた感じになっていました。

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

古い日本製の?消防車が展示されている「ラムプーン博物館」がおもしろい(ラムプーン)

古い日本製の?消防車が展示されている
「ラムプーン博物館」がおもしろい
(ラムプーン)


D72016-N02-239T.jpg

D72016-N02-247T.jpg

D72016-N02-244T.jpg

D72016-N02-242T.jpg


 (ムアン・)ラムプーンの町の中心部、ハリプンチャイ国立博物館のすぐ裏にある博物館「ラムプーン博物館(Chumchon Muang Lamphun Museum)」に、日本製の?古い消防車が展示されていました。 
 説明書きによると、この車が就役したのは1955年、退役したのは2002年とのことです。つまり、約半世紀にわたって活躍していたのですね。ボンネットに「TOYOTA」とあるので日本製だとは思いますが、説明書きには日本製であるとは書かれていませんでした。この博物館は昔の生活用品が展示されていて、なかなかおもしろかったです。

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

ラムプーン最大の観光名所「ワット・プラタート・ハリプンチャイ」

ラムプーン最大の観光名所「ワット・プラタート・ハリプンチャイ」


D72016-N02-098T.jpg

D72016-N02-047.jpg   D72016-N02-094.jpg

D72016-N02-158.jpg   D72016-N02-168.jpg


 第一級王室寺院の「ワット・プラタート・ハリプンチャイ(Wat Phrathat Hariphunchai)」。ラムプーンで最も有名な観光ポイントです。1108年 (897年、1044年、1157年という説もある)にメンラーイ王が建立しました。金色に輝くチェディー(仏塔)は、高さ46m。重量43.74tという大きな青銅のドラを吊した赤い御堂や博物館もあります。
 自動車道から参道を進むと立派な門があります。その門をくぐると大きなウィハーン(礼拝堂)があり、多くの人たちが参拝に詰めかけています。ちょっと不思議なのは、門に向かって手前の右側に、ひっそりとあまり大きくない本堂があるのです。(タイ語の)看板が一応出てはいるのですが、ここを訪れる人はほとんどいません。普通、本堂がこんな場所にあるとは思わないと思いますがね。もちろん、外国人はここが本堂であるということを知る由もありません。

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「ラムプーン(ランプーン)最大の観光ポイント」


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
HotelTravel .com (AD)
タイのホテル予約には定評があります。
都市・地域
到着日
出発日
客室数:
子供
大人
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
AD by Google
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ