国境で見つけたミャンマーのビールを飲んでみた(サンクラブリー/カーンチャナブリー県)

国境で見つけたミャンマーのビールを飲んでみた
(サンクラブリー/カーンチャナブリー県)


D52016-N55-039T.jpg


 タイとミャンマーの国境があるカーンチャナブリー県のサンクラブリーへ行った時、市場でミャンマーのビールを売っていたので買ってみました。ミャンマーのビールを飲むのは久し振りです。
 買ったのは、缶の「ミャンマー・ラガー・ビール」と「ブラック・シールド・スタウト」です。価格はタイのものよりもかなり高く、前者は30バーツ、後者は40バーツでした。タイのチャーンとかリオーは20バーツでしたので、その約二倍ということになります。
 宿に戻ってから冷やして飲んでみたのですが、う~ん、両者共になんだか表現が難しい不思議な味でした。スタウト(黒)の方も同様です。黒ビールなんですが、黒ビールでないような…。一緒に飲んだ友人も、私と同じような感想でしたね。結論として、この二つのビールの味は、今ひとつ…というものでした。残念。

[ 参 考 ] 亜細亜ビール物語

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

2017年2月19日、ピーチが沖縄(那覇)=バンコク(スワンナプーム)線就航

2017年2月19日、ピーチが沖縄(那覇)=バンコク(スワンナプーム)線就航


D32016-N51-053.jpg   D32016-N11-386.jpg


 日本からタイへ就航する航空会社が、一つ増えます。2017年2月19日に、日本のLCC(格安航空会社)であるピーチが、沖縄(那覇)=バンコク(スワンナプーム)線に就航予定です。日本のLCCがタイへ乗り入れるのは、これが初めてだと思います。
 タイから沖縄への観光客誘致に一役買ってくれるといいのですが、タイから北海道なら多くの観光客が来ると思いますが沖縄へはどうなのでしょう? 南国タイの人が、南国沖縄へ来てくれるでしょうか? また、機材はやはりA320なのでしょうか? ピーチのA320のピッチ(席間距離)は、結構狭いですよね。あの狭い座席で、バンコクまで行くのはちょっと大変かもしれません。フライト・スケジュールは、下記の通りです。

[フライト・スケジュール]
MM989 沖縄(那覇)/21:20発→バンコク(スワンナプーム)/00:15+1着 /月・火・木・金曜日
MM989 沖縄(那覇)/21:45発→バンコク(スワンナプーム)/00:40+1着 /日曜日
MM989 沖縄(那覇)/22:05発→バンコク(スワンナプーム)/01:00+1着 /水・土曜日

MM990 バンコク(スワンナプーム)/01:15発→沖縄(那覇)/07:30着 火・水・金・土曜日
MM990 バンコク(スワンナプーム)/01:40発→沖縄(那覇)/07:55着 月曜日
MM990 バンコク(スワンナプーム)/02:05発→沖縄(那覇)/08:20着 木・日曜日

◆ピーチ

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

カーラシン県にある楽しい恐竜博物館「シリントン博物館」/(サハットカン)

カーラシン県にある楽しい恐竜博物館「シリントン博物館」
(サハットカン)


D32015-N05-570T.jpg

D32015-N05-810.jpg   D32015-N05-592.jpg

D32015-N05-550.jpg   D32015-N05-500.jpg


 ムアン・カーラシンから約31kmのところにある、楽しい恐竜の博物館です。ここが、カーラシン県最大の観光ポイントと言えるかもしれません。「the origin of the earth and universe」「the origin of human being」「Paleozoeic Era (the era of the human development)」「Mesozoeic Era (the era of dinosaurs and reptiles)」「Thai Dinosaurs」「Dinosaurs’ Lifestyles」「Bring back the dinosaurs」「Zenoloeic Era (the era of mammals)」「the story of human beings」の9つのゾーンに分け展示されています。それほど大きな博物館ではないですが、多くの恐竜の骨格展示などがあり楽しめますよ。
 元はというと、この地でワット・サックカワンの僧侶Vichitsahatkun(พระครูวิจิตรสหัสคุณ)によって恐竜の化石が発見されたことに始まります。700以上の恐竜の骨が発見され、ほぼ全骨格がそろっているものも発見されています。それらは、プウィアンゴサウルス(Phuwiangosaurus sirindhornae)などの種類のものでした。この博物館の前身は、1995年にオープンしたthe Phu Kum Khao Dinosaur Research Centerです。現在でも、このセンターは博物館の敷地内にあります。館内は写真撮影可、ビデオ撮影不可となっています。
 博物館の入り口は、幹線道路227号線沿いにあります。ムアン・カーラシンから来ると、道路の右側で大きな恐竜の像があるのですぐに分かります。ここは、ダイナソー・ガーデン(Dinosaur Garden)から約3km離れています。博物館の建物は、ここから更に上り坂を1kmほど行ったところです。227号線にはソーンテオなどの公共交通機関の乗り物が走っていますが、基本的には227号線沿いの入り口で降ろされてしまいます(一部のロット・トゥーが、博物館の入り口まで行ってくれるようです)。

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー


にほんブログ村

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

航空券を買うのはどこが安い?/香港航空の場合

航空券を買うのはどこが安い?/香港航空の場合


D52016-N57-200T.jpg


 先日、香港航空が「香港航空10th Anniversary Thankful Sale」というセールを行っていました。そこで、東京=バンコクの往復航空券を購入することにしました。念のため、航空会社以外のサイトも金額を調べてみると、下記のようになりました。

・香港航空のサイト 28,048円
・Surprice 30,340円
・Expedia 28,397円

 今回は、航空会社で購入するのが一番安いようです。ただし、SurpriceとExpediaは、決済時に手数料を取られる場合があるかもしれません。

 余談ですが、香港航空はシステム管理がどうもよろしくないようで。前回購入時には、私の持っているクレジット・カードがことごとく使用不可となりました。そこで、少々金額が高かったExpediaで予約したのです。今回も東京=バンコク・エコノミークラス・往復が20,157円(諸費用別)と出てきたので、それをクリックすると、なんと諸費用込みで505,258円というとてつもない金額が出てきました。航空会社は、このことに数日間気が付かなかったようです。



◆香港航空

[ 詳 細 ]タイランド・ライブラリー 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

スワンナプーム空港内にある仮眠用ホテル「ボクステル@スワンナプーム・エアポート」

スワンナプーム空港内にある仮眠用ホテル「ボクステル@スワンナプーム・エアポート」


D72016-N05-485.jpg   D72016-N05-492.jpg

D72016-N05-451.jpg   D72016-N05-422.jpg


 スワンナプーム空港内にある仮眠用ホテル「ボクステル@スワンナプーム・エアポート(Boxtel @ Suvarnabhumi Airport)」 を利用してみました。場所は、エアポート・レイル・リンク、スワンナプーム駅の空港とは反対方向の改札を出てすぐの所です。ホームページから直接予約したりホテル予約サイトを通じて予約すると最低4時間からなのですが、ウォーク・インなら(直接行けば)2時間からOKです。チェック・イン時に、ミネラル・ウォーターが1本もらえます。フロントの応対は、非常に丁寧でした。利用料金は、650バーツ/2時間(以後、1時間ごとに300バーツ)です。
 簡易構造のホテルですので、外からの音はよく聞こえます。ですが、ホテル前の通行量は少ないので、さほど気にはならないでしょう。部屋は狭いので、寝るだけですね。エアコンの調節はできません。壁からの引き出し式の小さなテーブルがありますので、パソコンでの作業はできます。荷物の収納は、ベッドの下の空間も利用できます。室内には、TV、冷蔵庫、セーフティー・ボックス等はありません。トイレは駅のものを使うことになり、シャワーはありません。
 エアポート・ホテルですので料金的にはこんなものだと思いますが、シャワーがないのが一番残念ですね。

[ 詳 細 ] エアポート・レイル・リンク

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

「スワンナプーム国際空港の休憩用エアポート・ホテル」



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

タイ国鉄No.1列車の最終便を見送る/(バンコク)

タイ国鉄No.1列車の最終便を見送る/(バンコク)


D72016-H01-004.jpg   D72016-N52-089.jpg


 2016年11月10日18:10、バンコク(フアラムポーン)駅を出発するチェンマイ行き特急No.1列車は、明日から中国製の新車両編成に置き換わります。その関係で、列車番号がNo.9に変わるのです。ですので、中国製ではない車両で運行されるのもNo.1という番号で走るのも、今日が最後となります。
 たまたまバンコクにいましたので、最後の出発風景を見届けに行きました。すると、数は少ないですが、数名の鉄ちゃんらしき人たちもいました。やはり、最後のNo.1列車ということで来たのでしょうかね。日本のように、さよなら運転があるわけではないのですが。これが、No.1という列車番号でなければ、だれも来なかったのかもしれませんが。なんとなく、感慨深いものがありました。

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

これが最後の「SP EXP 1」列車の出発/(バンコク・フアラムポーン駅)


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

タイ国鉄によると、日本から無償譲渡された元ブルートレイン車両はまだ良好な状態

タイ国鉄によると、日本から無償譲渡された元ブルートレイン車両はまだ良好な状態


 タイ国鉄が、検査を行ったが「日本から無償譲渡された元ブルートレイン車両はまだ良好な状態である」と述べています。「Nation」が配信したこのニュースはこれだけで、その先の話はありませんでした。
 これは、先日、引退させた寝台車利用のことかと思ったのですが、そうではないようです。この日本で活躍していた時と同じ青色のままの車両は何なのでしょうか? もしかして、譲り受けたまま使わず、にどこかに放置(保存?)されていたものなのでしょうか?

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング




[追加情報]

 どうも日本からの無償譲渡(運送費のみタイ側の負担)で、新たに(最終的には)24両がタイへ引き渡されるようです。



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

運行を始めたばかりの格安高速バス「成田シャトル」を利用してみた

運行を始めたばかりの格安高速バス「成田シャトル」を利用してみた


D72016-N01-008T.jpg   D72016-N01-004.jpg

D72016-N05-563.jpg   D72016-N01-019.jpg


 2016年10月31日より運行が開始されたばかりの格安高速バス「成田シャトル」を利用してみました。この便は、JR大崎駅から成田空港(・芝山町)を結ぶものです。WILLER EXPRESS北信越が中心になり、千葉交通、京成バスと共同で運行しています。
 所要時間は、大崎駅=成田空港第2旅客ターミナル間を1時間20分で結びます。運行本数は、1時間に1~2本なのでやや少なめですね。便によって、停まらない成田空港のターミナルがあるのが少し気になります。使用車両は運行会社によって違いますが、トイレ付き、Wi-Fi・USB電源端子付き、顔が隠れるカノピー付きなどの車両があります。
そして、注目の料金は、成田シャトルWEBでの事前決済なら片道1,000円です。現地払いは、1,200円となっています。一方、ライバルの東京駅などから出る東京シャトルは未予約が1,000円、事前予約だと900円です。THEアクセス成田は、車内払いで1,000円となっています。
 乗ったのは、往復共、顔が隠れるカノピー付きのWILLER EXPRESS北信越の車両でした。とても快適な車両です。個人的には、カノピーは必要ありません。そして、隣の席との間の手すりにあるコップ置きは、じゃまです。小さなことですが、背もたれのヘッド・レストがとても快適でした。運転手さんの車内アナウンスが、とても丁寧なのも印象的でした。
 驚いたのは、大崎駅からは深夜便を利用したのですが、乗客は私一人だけでした。運転手さんに「いつも空いているのですか?」と問うと、「便によりますねえ」との返事でした。東京駅からの東京シャトルは何回も利用しましたが、こんな空いていたことはありませんでしたね。そして、成田空港からの便は日中のものでしたが、乗客はたったの5人だったのです。
 どうも、成田シャトルは、利用者が少ないようですね。車両や料金は、東京駅から出ている他の会社とは大差ありません。出発が大崎駅というのは、ちょっと地味かもしれません。東京駅の方が、利用しやすいと思う人は多いとは思いますが。だぶん、ここまで空いているのは認知度不足かもしれません。ですが、あまりにも乗客が少なく、このままだと・・・。まだ、数量限定発売の4枚綴り2,000円という格安料金のチケットも残っているようです。

◆成田シャトル

[ 詳 細 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

12月1日、Neon Night Marketがオープン(バンコク)

12月1日、Neon Night Marketがオープン(バンコク)


 12月1日、バンコクにNeon Night Marketがオープンしました。10ライの敷地に、なんと900以上のカフェ、バー、レストランが並んでいるといいます。これはすごい数ですよね。ここは、Platinum Fashion Mallを所有するPlatinum Groupの経営です。
 オープンは、木~日曜日、16;00~深夜までです。場所は、ペッブリー通りのソイ・ペッブリー23~39にかけて。要するに、ブラトゥーナムのエリアです。鉄道の駅から近いとは言えませんが、最寄りの駅はBTSのチットロム駅かエアポート・レイル・リンクのラーチャプラロップ駅です。今度バンコクへ行った時には、ぜひ行ってみたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング



テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

タイ・ライオン・エアーが、国内線を625バーツからのセール

タイ・ライオン・エアーが、国内線を625バーツからのセール


D102014-N62-077_20161201102951ecc.jpg   D32015-N54-128T.jpg


 タイ・ライオン・エアーが、国内線を625バーツからのセールを行っています。セールは12月9日まで。旅行期間は、2016年12月6日~2017年3月15日までです。

◆タイ・ライオン・エアー

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Asia Networkのメンバーです。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
HotelTravel .com (AD)
タイのホテル予約には定評があります。
都市・地域
到着日
出発日
客室数:
子供
大人
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
AD by Google
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ