FC2ブログ

「ノック・スクート」がセール/東京=バンコクの往復が、スクートPlus(ビジネス)で39,200円程度~(諸費用込み)

「ノック・スクート」がセール
東京=バンコクの往復が、スクートPlus(ビジネス)で39,200円程度~(諸費用込み)


D22016-N57-194T.jpg


 ノック・スクートがセールを行っています。東京(成田)=バンコク(ドーンムアン)の往復が、スクートPlus(ビジネス・クラス)で39,200円程度~(諸費用込み)とかなり魅力的なものです。セールは2月29日まで、旅行期間は3月1日~10月24日までです。(要、内容確認)

※新型肺炎流行時ですので、いつどこの国が日本からの入国制限をかけるとも限りませんのでご注意を。



◆ノックスクート

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

タイのLCC「ノックスクート航空」のビジネスクラス【スクートPLUS】を初体験/XW101便・搭乗記(成田→ドーンムアン)


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

2/24現在、日本人観光客に対して直接観光を制限する指示は出されていない byタイ国政府観光庁

2/24現在、日本人観光客に対して直接観光を制限する指示は出されていない
byタイ国政府観光庁


 「タイ保健省が出した発表は『タイへの帰国者』に向けたもので、2/24現在、日本人観光客に対して直接観光を制限する指示は出されておりません」との発表が、日本のタイ国政府観光庁から出されております。おそらく、日本人観光客への制限はないものと思われます(もちろん、熱がある人などは別です)。

◆タイ国政府観光庁

◆タイ保健省

 また、このタイ国政府観光庁の文面には、「公共機関の使用」「公共の場へ行くこと」には触れられていません。そして、タイ保健省発表の参考訳が掲載されていますが、日付が2月25日のものとなっています。問題になっているのは24日のものですよね。そこで、タイ保健省のオリジナルの文章を探したのですが、見つかりませんでした。ではあのニュースは何だったのか? まあ、時間の無駄ですので、これ以上調べることはやめておきます。

 うれしいことに、タイの一部の航空会社から、新型肺炎に伴うキャンセルの特別措置(予約の変更手数料無料等)が発表されています。該当する方は、各航空会社のホームページ等で確認しましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

やはり出た、タイ野党「新未来党」に解党命令/民主化への選挙は行われたが・・・

やはり出た、タイ野党「新未来党」に解党命令
民主化への選挙は行われたが・・・


 21日、予想はされていましたが、憲法裁判所がタイ野党「新未来党」に解党命令を出しました。新未来党がタナトーン党首から約1億9100万バーツ(約6億7500万円)の資金を得たとし、これが政党法に違反するというもの。これは寄付ではなく融資だと主張したてのですが、認められませんでした。この件に関しては、多くの人たちからは、現政権による野党つぶしだと認識されています。先日総選挙が行われたことから、タイは民主化に近づいたとも思われたのですが、やはり・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

ついに、タイが、事実上の日本からの入国自粛要請?

ついに、タイが、事実上の日本からの入国自粛要請?


 思っていたより早かったですが、ついに、タイが、事実上の日本からの入国自粛要請?を出しました。タイ保健省が、日本のほか、中国本土、香港、台湾、韓国、シンガポールなどからの入国者に対し(感染者数があまり多くない台湾も含まれているのですね)、入国後14日間、公共の交通機関使用(「公共の場へ行くこと」とするソースもあります)を自粛するよう要請を出したとのことです。ニュースソースによっては、「自国民に対し」とするものと「入国者すべて」とするものがあります。どちらが正しいのか確認が取れていません。これは、事実上、入国の自粛を求めたことになる?
 また、日本の外務省のホームページには、タイ保健省の要請は「出社や観光を一律に制限するものでもありません」と記載されています。ですが、上記のタイ保健省の言葉通りなら、観光を自粛せよという意味になります。

 さて、先日も言いましたが、純粋な疑問があります。日本は政府がかなりまずい対応をしましたが、これだけ感染拡大で苦しんでいます。ですが、タイはほとんど感染者数が増えないですよね。普通に考えると、これってかなり不思議なことです。決して、日本びいきで言っているわけではありません。

 個人的には、2往復分の日本=タイ間の航空券を買ってしまっています。そして、一部日程ではありますが、ホテルの予約もしてあります。そのほとんどすべてが、キャンセルしても代金は戻ってきません。フライト自体がキャンセルになれば、航空券代は戻ってきます。ですが、ホテルの代金は戻ってこないですよね。仕方ないこととはいえ、最悪の場合、かなりの損害になりそうです。とにかく、この新型肺炎の騒動を収めないと・・・。

◆日本外務省

◆在東京タイ王国大使館(タイ語)

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

「タイ・エアアジアX」が、全ての韓国へのフライトを運休(3月6~27日)

「タイ・エアアジアX」が、全ての韓国へのフライトを運休(3月6~27日)


D22016-N57-216T.jpg


 タイの中距離LCC(格安航空会社)タイ・エアアジアXが、新型肺炎の問題で3月6~27日の間全ての韓国へのフライトを運休するとのことです。このニュースを聞いた時に橋驚きましたが、新興宗教集団が中心とはいえ、あの感染者数は強烈な印象を与えたのでしょう。韓国のことは、決して対岸の火事ではありません。日本も、いろいろな国から制限を受けることが増えてきました。今後、日本からの渡航者に対する入国禁止措置が取られる可能性も少なからずあります。

◆エアアジア

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

自動車メーカー、シボーレーの「GM」がタイから撤退/大安売りで大盛況?

自動車メーカー、シボーレーの「GM」がタイから撤退
大安売りで大盛況?


 シボーレーの自動車メーカー「GM(ゼネラルモーターズ )」が、タイから撤退すると発表しました。日本車に完敗したためらしいです。それに伴い大安売りが行われ、あまりの安さのために大盛況だったらしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村






テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

新型肺炎で各航空会社が苦慮/でも、香港航空が・・・機内食の提供を中止

新型肺炎で各航空会社が苦慮
でも、香港航空が・・・機内食の提供を中止


D52016-N57-203T.jpg


 世界中の航空会社が、新型肺炎で苦慮しています。韓国の航空会社はもともと経営難であったところに、日本旅行ボイコットの機運が盛り上がり利用客が大減少しました。さらには、この新型肺炎問題がダメ押しをした形になってしまった。韓国政府は、全ての航空会社をつぶさない方針のようで、LCCに対して援助をするとのことです。一部では、もともと航空会社が多過ぎだったので、全ての航空会社を助けるのはどうも・・・という疑問の声も出ています。

 さて、話は本題となります。香港の香港航空が、またしてもやってくれました。「新型肺炎対策」として、機内食の提供をエコノミー・クラス、ビジネス・クラス共に中止するというのです。昨年の12月に機内エンターテイメントの提供を中止したのにも驚きましたが、今回の機内食提供の中止にも驚いたなどというものではありません。香港航空も韓国の航空会社と同様にもともとかなりの経営難で、香港の民主化運動のデモによる利用客の減少で苦しんでいました。そこに、この新型肺炎です。かなりまずいのではと思っていたのですが・・・。
 そして、航空会社のホームページを見てさらに驚いたのですが、いつの間にか最安料金のBasicというクラスでは、無料の受託手荷物が付いていないのです。そして、座席指定も有料となっていました。受託手荷物が有料、機内食なし、座席指定料が有料とくれば、これはもうLCC(格安航空会社)ですよね。ちなみに、機内食は提供しませんが、水はもらえるそうです。また、毛布や雑誌、新聞の提供も取り止めているそうです。また、従業員の大量解雇も通達したようです。さて、これから香港航空はどうなっていくのでしょうか?

◆香港航空

[ 参 考 ] タイランド・ライブラリー

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

ピカピカの最新鋭機に乗れるとは【香港航空のエアバスA350搭乗記】バンコク→香港(HX762便)/2018年


テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

イスラエルが、タイからの渡航者の入国を禁止/新型コロナウイルス

イスラエルが、タイからの渡航者の入国を禁止/新型コロナウイルス


 なんと、イスラエルが、新型コロナウイルス対策でタイからの渡航者(国籍を問わず過去14日間にタイを訪れた者)の入国を禁止しました。この措置には、香港、マカオ、シンガポールも含まれます(なぜか?日本は含まれていません)。

 タイに詳しい日本人たちの間では、この時期タイを訪れても大丈夫であろうかと悩む人は多いです。ところが、タイ保健省が、日本への渡航をなるべく控えるようにとの内容を発表したようです。ということは、タイよりも日本の方が危ないと思っているということです。

 あくまで素人考えではありますが、アジア各国の患者数が少なすぎると思います。もしかすると、政府が隠しているのかもしれません。または、少し前の日本同様に、湖北省縛りなどの制限を設けて検査の対象を広げていないからかもしれません。数字を隠ぺいしていなくても、検査をしなければ患者数は増えません。
 新型コロナウイルスの感染力が強いことから、中国人が多く行くアジア圏にはすでにウイルスは広がっているはずです。それらの国同士で入国制限を設けても、ほとんど意味がない気がします。私が日本人だから言うわけではないですが、タイの数字が低すぎませんか?まあ、日本も湖北縛りをかたくなに押し通して検査していなかったので、数字はかなり低くなっていますが。とにかく、アジア圏に限っては、国別の患者数の数字を見てどの国が安全だとか危険だとかは言えないと思います。

 さて、3、4、5、6月に訪タイ予定があるのですが(5、6月はすでに航空券を購入済み)、どうなりますやら(行きたくても、最悪、経由国も含めて日本人の入国制限がかかる可能性もあります)。最悪の事態に備え、飛行機やホテルの予約はぎりぎりまで待とうと思います。

 最後に一言、「いくらなんでも、日本政府の対応はまず過ぎるぞ!」。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

バンコク都内の路線バスに空気清浄機を取り付ける?

バンコク都内の路線バスに空気清浄機を取り付ける?


 なんと、バンコク都内の路線バスに、空気清浄機を取り付ける計画らしいです。最初、大気の汚染状況を調べる装置を付けるのかと思ったら、空気清浄機とのことです。本当に、これで空気がきれいになるのでしょうかね?

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

新型肺炎、いまだに収まる兆候が見えず/海外へ行く方は、少しだけ頭の片隅に入れておきましょう

新型肺炎、いまだに収まる兆候が見えず
海外へ行く方は、少しだけ頭の片隅に入れておきましょう


 いまだに新型肺炎が収まる兆候が見えませんね。さて、各国(中国だけではありません)が発表する感染者数は、参考にはなっても正確な情報とはいえません。それは、今まで日本がかたくなに検査を「湖北省縛り」にしていたのと同様に、各国がどのように検査しているか分からないからです。日本は「湖北省縛り」を行っていたので、(クルー船等を別にして)感染者数がそれほど増えないのは当たり前です。検査をしていないのですから、感染者数が増えるわけありません。決して、日本では感染が少なく安全というわけではないのです。
 さて、13日(木)に中国とは接点のない、日本国内で感染した方が確認されました。また、新型肺炎の検査も、ようやく(あまりにも遅いですが)湖北省縛りの規制を緩め始めました。そのため、日本国内での感染者数が急増する可能性もあります(これは感染が拡大したという意味ではなく、感染者数が表面化したということですが。もうすでに、ある程度日本中に感染が広がっていてもおかしくはありません。というか、ある程度は広がっていることが予想されます)。現在でも日本人の入国に制限をかけている国がありますが、今後、そのような国が増える可能性があります。ですので、これから海外へ行く方(特に複数の国を回る方)は、少しだけ頭の片隅にそのことを入れておきましょう。突然日本人に対する入国制限がかけられ、移動ができなくなるということが起こり得ますので。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村



テーマ : タイ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Nongbua

Author:Nongbua
 Nongbuaを中心に、Asia Networkのメンバーで執筆しています。タイの全県取材制覇を目指していますが、時間不足、資金不足で成就するかどうか。大都会から山奥まで、様々な場所に出没します。

Google (AD)
AD by AdMax
カテゴリ
Amazon (AD)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
タイ各地の天気
タイ語




月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
ランキング
エクスペディア (AD)
お得なホテルの検索
安宿予約 (AD)
世界最大級の安宿予約サイトです。
リンク
お得な航空券の予約(AD)
twitter
タイ料理
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ